Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

小野大輔 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて

小野大輔 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて

第1話 - ソーニョ・スキルズ・オンライン(孤面の男) - カクヨム

明らかにおかしい。

このエリアには出現しないはずの大型ボス、タイラントレックス、通称ティラノサウルスがいた。それは初心者と思しきパーティを追いかけていた。トレインされたのだろうか。

「どうでも良いや」

僕は背中の剣の柄を確かめるように触れてティラノサウルスに駆け寄る。初心者たち三人は僕を見て顔を輝かせた。僕に希望を見出したのか。

僕は剣を抜き

「スターダスト・ストーム!」

怒涛の勢いで放たれた九連撃は表示されたティラノサウルスのHPバーを削りきった。表示されている七桁のダメージに少し笑う。明らかなオーバーキル。しかし技の仕様だから仕方ない。すると三人は

「た、助かりました!」

「ありがとうございます!」

「あんなにあっさりと倒すなんて!」

三人の言葉に頷いて

「当然だよ。だって僕が最強なんだから」

*****

『ディアボロス:アリアってば初心者助けた?』

『アリア:イン遅かったね。何してたの? それとなんで知ってるの?』

『ディアボロス:スレッドNo.1012に名前が知りたいってタイトルのがあってさ』

とりあえず指で虚空を二回とんとん、と叩いてメニューを開く。そして右上にあるスレッドを開いて1012を検索する。そのまま開くと

『きりひな:誰か白を基調に薄緑の服を着た白桃色の剣を持った燃えるような赤い髪のプレイヤーの名前を知りませんか?』

『猫耳萌え萌え:スレ立て乙』

『鳥人間:どう考えても最強一択っしょ』

『9029:いや、偽者って可能性も微レ存』

『田中太郎:そいつ何か言ってた?』

『きりひな:はい。確か僕が最強なんだからって言ってました』

『猫耳萌え萌え:特定終了。乙でしたー』

『鳥人間:乙っしたー』

『きりひな:え?』

『田中太郎:最強でスレ検索でおk』

『9029:簡単に言えばこのVRMMO最強プレイヤーのアリアって人』

『きりひな:ありがとうございます! これで後日お礼が言えます!』

……

『アリア:スレ見たよ。でもどうして助けたって思ったの?』

『ディアボロス:目の前にいるプレイヤーが語ったw』

『アリア:ふーん』

それより

『アリア:どうしてイン遅かったの?』

『ディアボロス:それはちょっち別のVRMMOのベータ版をプレイしてたんだ』

『アリア:面白いの?』

『ディアボロス:そそ、それよそれ。アリアもやらね?』

『アリア:どうして?』

『ディアボロス:だってここもそろそろ終わりじゃん』

そうなのだ。今現在プレイしているこのVRMMOはそろそろ終わりを迎える。おそらくこれ以上プレイ人口は増えずに減る一方だから。終わるのは2週後の日曜日。

『ディアボロス:ベータ版も明日で終わりでさ、2週後の月曜日から正式サービスなわけよ』

『アリア:タイミングは悪くないね』

『ディアボロス:って事でどうよ?』

『アリア:考えてみるよ』

『ディアボロス:ちなみにここのデータをコンバート出来るよ』

『アリア:ほんと?』

『ディアボロス:最強ほど引き継ぎ出来るか分かんねーけど』

そこまでの高望みはしていない。だから

『アリア:タイトルは?』

『ディアボロス:ソーニョ・スキルズ・オンライン』

『アリア:ソーニョ?』

『ディアボロス:どっかの国の言葉で夢だった希ガス』

『アリア:今だに思考入力型の文なのにネットスラングを使う理由が分からないよ』

『ディアボロス:ロマンです』

彼の言葉にため息を吐いて

『アリア:少し調べてから決めるよ』

『ディアボロス:はいな』

そして閉じる前のスレッドにもう一回目を通して

『アリア:僕に用なら会いに行くけど?』

と、書き込んだ。

*****

「えっと……アリアさん?」

「うん、何?」

「先ほどはありがとうございました!」

「ううん、僕も聞きたい事があるから気にしないで」

僕の言葉に三人は疑問の表情になる。

「トレインされたんだよね? 相手の顔や装備は分かる?」

「いえ……咄嗟の事で……」

「もしかして茶色のローブを着た男?」

「あ⁉︎ 確かそんな外見でした!」

やっぱり。

「そいつはモンスタートレインをメインのPK野郎だね。表に出て来たら狩るって決めたはずだけど……そっか、初心者にトレインなら見つからないわけだ」

「お知り合いの方ですか?」

「何度か戦った相手だね。決して友好的な関係じゃないよ」

「名前は分かりますか?」

「うん、幻影面ファントムマスクだね」

僕の言葉に三人はそれぞれ違う反応をした。そして

「スレッドに書き込まれている……?」

「あ、それは僕がしたよ。あいつは初心者狩りって手出ししたらダメな事をしたからね。あと一時間もしないうちにギルメンが来るよ」

そうしたら

「あいつの炙り出しが始まるけど……逃げられちゃうかな?」

「何故そんな事をするのでしょうか?」

「うーん、あんまり考えたくないけど……PKってmobよりもボーナスが多いんだよね」

僕の言葉に顔が青ざめた三人。VRMMOに有り勝ちな感情の過大表現のせいだ。

「このVRMMOもそろそろ終わる。君たちは何故このタイミングで?」

「あ、それは別のVRMMOが今度サービス開始するんです」

「それにここのデータをコンバート出来るらしくて」

「備えておこうって話になったんです」

同じような話を聞いた気がする。

「ソーニョ・スキルズ・オンラインの事?」

「え? 知っているんですか?」

「ギルマスに誘われていてね……そっか、三人ともするの?」

「「「はい」」」

「なら僕もするかな」

そんな感じの適当な理由でプレイする事にした。しかしプレイ初日にしてその判断は間違っていなかったと僕が思うのを僕はまだ知らない。

「そりゃ重畳」

「や、魔王」

「よっ、最強」

僕はディアボロスの言葉に

「いつから聞いていたの?」

「いや、今来たところ。他に何を話していたのか知らね」

「ふーん」

僕はディアボロスの言葉に頷いて

「コンバートの内容は調べれた?」

「多少ね」

「説明して」

「人使いの荒い……お、そっちの三人はさっきの」

「あ、おかげでお礼が言えました!」

「ありがとうございます!」

*****

二週間後

「運営の皆様、ありがとうございましたーっ!」

「「「「「「「「「ありがとうございましたーっ!」」」」」」」」」

「お疲れ様でしたーっ!」

「「「「「「「「「お疲れ様でしたーっ!」」」」」」」」」

運営からのメッセージ、五分でサービス終了が送られた。そして街のあちこちからそんな声が聞こえて……ログアウトの光が見えた。僕もメニューを開いて

「ありがとうございました」

と、呟いてログアウトのボタンを押した。視界が光に包まれて……僕は頭に付けていたハードを外す。名前は忘れた。

そして五分後、日を跨ぐ瞬間にかぶり直して魔法の言葉を口にする。現実を非現実に変える魔法の呪文を。

「リンクイン!」

そして視界が光に包まれて……

『ようこそ! ソーニョ・スキルズ・オンライン、通称SSOへ!』

『早速キャラクター設定をしましょう!』

テンションの高い表示される文字を眺めていると手元に現れた二昔ほど前に流行ったタッチパネルが現れた。

そこには髪型、髪の色、瞳の色、瞳の大きさだけが変更出来るようになっていた。性別すら選べない。それに不満を感じながら

『髪型、ツインテール。髪の色、カーマイン。瞳の色、碧色。瞳の大きさ、普通。で、よろしいでしょうか?』

表示されたYesを迷いなく押す。自分のリアルと出来るだけ似せた容姿だ。もっともプレイヤーの容姿はリアルスキャン。つまりこれからハードを付けている肉体情報が読み取られる。

『完了しました。プレイヤーネームとID、パスワードの入力をお願いします』

プレイヤーネームはリアルと同じ。アリア、そう入力しようとしたら

『プレイヤーネームはアルファベットしか使えません』

と、来たものだ、むっ、としながらAliaと入力。IDはいつもと同じ十二文字を流れるように打ち込む。パスワードも同じように入力して

『それではSSOの世界へようこそ! チュートリアルを始めてもよろしいでしょうか?』



 小野大輔 シャワー インゲラ?オールソン	歓びを歌にのせて

美顔 はめたいパイパン優木あおい~大噴射! 高橋みなみ
芦田愛菜 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
立ちハメ 伊東みやこ 劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい 浅田真央
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 指原莉乃
川島奈々代 浅田真央 イアン?ゴギンズ フライト?リミット
浜崎あゆみ シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
岩崎ちえ 非行少年 のぞき魔3P二穴同時姦~古瀬玲 山下智久
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 木村ガーリー
手かせ 中華料理 内田真礼
神谷浩史 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
能登麻美子 萌え萌え美少女ぶっかけ生ハメ肉人形 工藤静香
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 松坂慶子
4p 生ハメ女優美月優芽~おっぱいご奉仕~ 中島美嘉
高橋秀弥 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
変態りあのペロペロフェラを見てね 菅野美穂 菅野美穂
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 中森明菜
中村果生 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
川澄綾子 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
岩尾望 帰ってきたバスジャック 田村由香里 浪川大輔
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 坂井の泉
可愛い妹七星くる~ゴックンフェラ いせゆみこ 岸辺の旅 竹達彩奈
浪川大輔 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
悠木の碧 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 大野智
狂おしい程のフェラ 爆乳椎名みくる 市道真央 宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース?スクワッド 松たか子
山田優 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
シェアガール月野美羽~4Pグループ姦 山口百恵 三浦友和
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 川島奈々代
上戸彩 体射 柏原崇
渡辺麻友 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
バック 川澄綾子 名井南
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 篠崎愛
玉舐め ダイナマイト爆乳ギャルに二穴中出し! 中森明菜
倉木麻衣 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
篠田麻里子 ディープスロート 磯崎寛也 ローリング
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 坂本真綾
井関友香 ナポリタン 二穴全開グループファック いぶき25歳 南條愛乃
内村航平 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
井原西鶴 ピンクサロン 好色五人女 張形 藤井リナ
シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて 真野恵里菜
生ハメ志願 Gカップ松永ちえり 素朴な美しさ 涼太を送る
セクシーストッキング 挑発おもちゃオナニー 西川ゆい 櫻井翔
花江夏の木 宮野真守 石川志織 プリンシパル 恋する私はヒロインですか?
おもちゃ挿入 ふんどし娘藤井沙紀~フェラ&中出し 芦田愛菜
Iカップ逆ソープ~フェラ&中出し 石井あや キューティーガール 美少女ボウラー危機一発 早見沙織
仲間由紀恵 天然巨乳美少女~変態ぶっかけ昇天 橋本環奈
栗山千明 極上スレンダーガール坂本ひかる 宮沢理恵
その他 伊藤登美子 アイ?ラヴ?ピース 中華料理
小倉 ハードコア 鈴村健一
剛毛マン毛 肉食系生ハメ美熟女昇天オナニー 松本潤
竹達彩奈 はめポケット付Tバック~音羽レオン 木村ガーリー
長瀬智也 今掛明子 太陽の法 エル?カンターレへの道 Hカップ新山かえで~フェラ三昧
豊崎愛生 爆乳美熟女黒木琴音~ごっくんフェラ~ 白石麻衣
田村由香里 石黒淳士 桃まつり presents うそ 「バーブの点滅と」 新垣結衣
林原恵美 白いパンティストーキング 宮野真守
イアイン?マクリーン ウイスキーと2人の花嫁 柴咲コウ 喜多村の雄
金城武 スカートの中を覗き見 深田恭子
高橋秀弥 爆乳好色妻逢沢はるか~ごっくんフェラ アナル挿入
バックファック 中華料理 滝沢秀明
口にフィンガリング 白石麻衣 金城武