Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 鼻血姫

長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 鼻血姫

 そしてまたここから(1/2) - 僕とあいつと氷ときせき ~青春フィギュアスケート小説~ Step2 Progressive(宮 都 ) - カクヨム

 三月の終わり。

 目の前に広がるスケートリンクは、親子連れやカップルたちで埋めつくされていた。外は暖かくなってきたというのに分厚い上着や毛糸の帽子にくるまれて、館内に歓喜の声をこだまさせている。それはスケートを始めた頃に通い詰めた大好きだった風景によく似ていて、それなのに僕はその賑(にぎ)やかさに長いため息を落としていた。

「この季節は毎年こうよね」

 隣から聞こえる優しい声。

「二人での練習は無理そうね。制覇(せいは)君」

 声の方を向くと、僕と同じように少し残念そうにリンクを見つめる横顔があった。

 きれいにまとめられた黒髪。細くて長い首。すっきりとした立ち姿。彼女がこれまでフィギュアスケートにかけてきた努力と誇りを映し出したようなその姿。

 音川陽向(おとがわひなた)さん。四月から高校二年生になる二つ年上の、僕のアイスダンスのパートナーだった。

「貸し切りが始まるまでは別々に基礎練習……でしょうか?」

 翌日にアイスダンスの昇級テストを控えていた僕は、少しでも多く二人で組んで課題の練習をしたいと思っていた。でもこの混み具合ではあきらめるしかなさそうだ。テストのことは置いておいて、ターンやツイズルといった場所を取らない練習でもすることになるのだろうか、それとも外で陸トレということにでもなるのだろうか。

 陽向さんの方をうかがうと、彼女はにっこりと微笑(ほほえ)んだ。

 手招きをして僕をリンクサイドのベンチへと誘う。ポータブルの音楽プレーヤーを持ってきたという彼女は、僕と並んでベンチに腰をかけた。

「これを使うとね、二人で一緒に音楽を聴くことができるんですって」

 陽向さんは持ってきたプラグを僕に見せると、それを使ってプレーヤーにイヤホンを二つつないだ。

「先生に明日の課題の曲をもらったの。リンクが空(す)いてくるまで一緒にイメージトレーニングでもしましょ」

 陽向さんは僕に頭を下げさせると、顔の方へとすっと手を伸ばし、そのままイヤホンを僕の耳に差し込んだ。

 景色がスローモーションになった気がした。息が止まりそうになる。

 陽向さんはこんなことを異性に対して気安くするような人ではなかった。きちんとした人だった。僕に対してこんなことを遠慮なくしてくるのは、僕が単なる競技上のパートナーであるからか、僕が年下だからか。それとも最近まで彼女と背丈がそんなに変わらなかった僕を、男だと思ってないからなんだろうか。

「試合の前なんかには体を動かすのもいいけれど、こうやって集中力を高めるのも有効だったりするのよ」

「あ……。なるほどです」

 彼女の手が僕の耳に触れた。

 ちなみに僕がアイスダンスを始めたのは、決して女の子と親しくなれるからとかそんな理由からでは……ない。

 翌日の昇級テストで、僕はブロンズ級とその一つ上のプレシルバー級を受けることになっていた。

 プレシルバーに合格できれば、全日本ジュニアへの挑戦資格を得ることができる。といっても僕の場合は、パートナーである陽向さんがすでに級を持っているので試合に出ること自体は可能なのだけれど。

 つい半年ほど前まで遊びでしかスケートをしていなかった僕とは違い、シングルで国際大会にも出たことがある陽向さんはアイスダンスでもすでにプレシルバーまでの級を持っていた。

 だけど僕だって、自分で出場できるだけの資格を取りたいのだ。

 イヤホンから流れてくる音楽を聴きながら、僕は頭の中でテストの課題のステップを思い浮かべた。

「明日のバッジテストが無事終わったら、大会に向けてエレメンツのレベルを一つでも上げていきましょう」

 貸し切りが始まる直前、先生がそう言った。

 エレメンツ、つまりスピンやリフトを今取り組んでいるものよりもっと難しいレベルに上げていこうというのだ。新しいステージがもうすぐ始まる。僕は気を引き締めて、リンクへと足を踏み入れた。

 隣では陽向さんが、先生の言葉に目を輝かせていた。アップ開始の号令が先生からかかると、彼女は軽やかなのに力強く一歩目を滑り出した。あっという間に仲間たちの先頭に立つ。圧倒的に速いのに、どこにも無理をしている様子はない。ばねのような弾力を感じるしなやかな滑り。僕の頭の中に、彼女の抱いている夢が蘇(よみがえ)る。世界の舞台で、日本初のメダルを獲りたいという大きな夢が。

 彼女にはそんな夢がよく似合っていた。

 前に彼女に、ジュニアの世界トップの演技を見せてもらったことがある。その技術の高さに、僕もこの道を目指してみたいと思わされた。レベルを上げようという先生の言葉は、そこへ近づいて行くのだという期待感を僕に与えてくれた。

 だけど、世界に手をかけようとする彼女に釣り合うだけの力が僕にあるのかというと、そんなことはまったくなく、彼女の隣に立つということがどういうことなのかという自覚も僕にはまだなかった。僕は彼女の隣にいながらも、実は彼女がいる所からは遠い、夢へと続く長い道のほんの入り口にいた。

 フォアとバックで方向を変えながら数分の全力疾走のあと、ようやく僕たちはホールドを組んだ。翌日のテスト課題を滑り始める。

 まわりではたくさんの生徒たちがシングルの練習に励(はげ)んでいる。先生のところでアイスダンスを志(こころざ)しているのは僕たちだけだった。最初の頃はシングルとコースの特徴が違うせいで迷惑がられもしたけど、最近では彼らを避(よ)けるのも随分上手くなった。二人で組んだまま、みんなの間をすり抜けて走る。

 こうやって技術を磨いていると、自分の中の揺(ゆ)らいでいる何かが少しずつ落ち着いていくようで、その感覚がとても気持ちよかった。

 明日はいい調子でテストを迎えられそうだ。

 練習が終わりベンチで荷物を片づけていると、陽向さんが僕の前で足を止めた。

「明日は直接、受験会場に行ったらいいかな?」

 少し後ろで、彼女と一緒に帰ろうときょうちゃん先輩が待っている。

「すみません。よろしくお願いします」

 僕は慌てて立ち上がり、陽向さんに頭を下げた。既に級を持っている彼女は、明日は僕の相手をするためだけにわざわざ来てくれるのだ。

 陽向さんは僕に向かってにっこりすると、なにかを思い出したように鞄(かばん)から紙袋を出した。

「そうだ。これ、母から制覇君にって」

 プレゼントらしき包みだった。

 テストの相手をお願いしてる側の僕が、物をもらうなんて。いいんだろうか。

「家に帰ったら開けてくれる?」

「あ、はい。すみません。ありがとうございます」

 恐縮しながらそれを受け取ると、彼女はがんばろうねと僕に向かって手を振り、きょうちゃん先輩と一緒に帰っていった。何か楽しい話でもあったのか、二人はきゃっきゃと肩をぶつけ合いながら入口を出て行った。

 翌日、日が暮れると僕は自転車でテスト会場であるモミの木へと向かった。あそこには小学生の頃から果歩(かほ)に誘われてよく遊びに行っていたけれど、もしそれがなかったら、こうやってアイスダンスをやることにはなっていなかっただろう。

 久しぶりの道だった。モミの木は小さな山を越えた先にあった。急な坂に差しかかり、僕は自転車のギアを下げた。

 前回のバッジテストは、いつも通っているのとは違う大阪のリンクで行われた。一度も行ったこともない場所で、生まれて初めてのテストということで、僕はひどく緊張した。最初のうちは足が完全に固まって、しばらく思うように動けなかった。今回は、慣れ親しんだモミの木が会場ということで随分と気が楽だ。

 しかし僕のペダルを漕(こ)ぐ足は重かった。坂道のせいではない。

 前の日に陽向さんから渡された紙袋の中身のおかげだった。あの中には、バッジテスト用に用意された衣装が入っていた。白い光沢のあるシャツで所々にスパンコールが縫(ぬ)いつけられたもの。あんなキラキラした服を僕が着るなんて、無理だとしか思えない。だけど、せっかく用意してもらったものを着ないわけにはいかない。自分で用意している衣装もなかったので、断る理由も見つからずにいた。

 ゆっくりゆっくり漕ぐ道も途中からは下り坂になり、坂を下りきると大きなショッピングセンターが見えてきた。自転車をとめた僕は、巨大な建物の真ん中のアトリウムから建物の中へと入った。二つ並んだスケートリンクの間に立つ大きなモミの木の姿が目に飛び込んでくる。最上階までの吹き抜けを貫(つらぬ)いて、モミの木はいつもと変わらず見上げるようにそこに立っていた。

 僕は誰にも顔を合わさないうちに更衣室へと急いだ。そして着替えを終えると、今度は鏡の前でしばらく立ちすくんだ。

 とても表に出ていく勇気が出ない。

 でも、いつまでもぐずぐずしてはいられない。じきに集合時間になる。

 僕は衣装の上にウィンドブレーカーを着こむと、意を決して外に出た。

 陽向さんの母親が嬉しそうな顔をして飛んできた。せっかく着こんだウィンドブレーカーもあっという間に脱がされた。

「きゃー! 良かったわ! よく似合ってる!」

「あ……ありがとうございます」

 僕は目を合わせるどころか顔をあげることもできないまま、そう言った。

「この前はTシャツなんかでテスト受けるんだもの。だめよ~、試合じゃなくてもちゃんとしなきゃ。ほら、陽向、陽向!」

 陽向さんの母親は後ろを振り返り、手招きして陽向さんを呼んだ。

 陽向さんがこちらに駆けて来た。彼女は、バラのように真っ赤な衣装に身を包んでいた。胸元にはV字の切れ込みが深く入っている。衣装と同じ色の口紅が鮮やかだった。

 ダンスのテストは、シングルのあとに行われる。シングルの受験者がスケート靴に履き替え始めると、陽向さんと僕はリンクサイドの隅の方でワルツホールドを組んだ。向かい合った彼女の手を左手に取り、もう片方の手を彼女の背中へと回す。本番の流れをイメージしながら、陸上で小さくステップを真似(まね)てみる。

 そっと視線を落とすと、深い切れ込みの入った胸元が目に入った。――そこには誰かが言っていたように肌色の布が張ってあった。

 ふいに陽向さんの視線が僕を通り越した。僕の後ろの方をなんだろうという目で見る。

「こんにちは」

 そう言って陽向さんは、視線の先に向かってにっこりとした。その相手を確かめようと僕は振り返った。

 そこに立っていたのは、果歩(かほ)だった。

「な……なんでお前がここにいるんだよ!?」

 僕は咄嗟(とっさ)に陽向さんから手を離し、さっと自分の後ろで組んだ。

「私がこのリンクにいても、何の不思議もないでしょ?」

 果歩はそう言うと陽向さんの方を見て「どーもー」と笑いかけ、軽く頭を下げた。胸の前にタブレットPCを抱えている。ウィンドブレーカーの下には水色の短いスカート、そしてさらにその下にはスケート靴を履いていた。

「まさか、五級を受けるのか?」

「まさかとは失礼な。受けてもいいだけの実力は十分にありますよ」

「受ける時には教えろって言っただろ」

「あれ? 教えてなかったっけ? 私は今日制覇が来るの知ってたけど。あ。受験者名簿、勝手に見たんだった」

 果歩はそう言ってあははと笑うと、僕に向かってタブレットを差し出した。

「勝手って……」

 差し出されたタブレットを条件反射的に受け取ると、果歩は僕の方をさっと指さした。

「あ。ここの情報セキュリティ、疑ってるな?」

 いや、そんな難しいことは全然疑ってないけど。

「大丈夫だって。私はほら、ここの関係者だから。ちゃんと外部からは守られてると思うよ~、個人情報」

 日ごろから事務所に出入りしている果歩は、このリンクに届いていた受験者リストを勝手に覗いたようだ。どうやらセキュリティはあやしいらしい。

 僕たちのやり取りを見ていた陽向さんが、首をかしげて僕に聞いた。

「彼女……さん?」

 その言葉に、心臓が飛び跳ねる。

「いやー。違いますよ。全然こんなの違いますよ」

 思わず全力で否定して、否定してしまってから、果歩をこんなの呼ばわりしてしまったことに気がついた。しかし果歩はそんなことはまったく気にしていない様子だった。

「撮り方覚えてる? アプリ立ち上げておいた方がいいかな」

 果歩は僕と陽向さんのやりとりなど聞いていなかったかのように、タブレットでの撮影についての話を始めた。こうあっさりスルーされると、焦ってしまった自分が馬鹿みたいに思えてくる。

 果歩はこういう話には、まるっきり無関心だ。他の女子がこういう方面で盛り上がっている時でも、果歩はその輪に加わるようなことはなかった。せめて自分に関する話が出た時くらいは、ちゃんと否定なり肯定なりして欲しい。そしたら……そう思うと、なぜか恨めしい感情が湧いてくるような気がした。

 当たり前のように僕にタブレットを任せると、果歩は陽向さんの方に顔を向けた。

「制覇に撮影頼んでも、お邪魔じゃないですか?」

「テストを受けるのは制覇君なので、私は構いませんけど」

 陽向さんは笑ってそう答えた。そして小鹿のような瞳で僕を見つめた。

「制覇君は……大丈夫?」

 なにかを問いかけてくるようなつぶらな目だった。

 これは断わろう、と僕は思った。果歩には悪いけれど、撮影より合格だ。そんなことを考えていたわずか0・3秒の間に、果歩は勝手に話を進めた。

「じゃあ、ちゃんと忘れず撮ってね。ほんとにありがと。助かるわ」

「え?」

「今日は私が制覇のことも撮ってあげるから」

 そう言って僕の方に片目をつむってみせる。

 ちょっと待て、勝手に話を進めるな。

「いや、あのさ……」

「遠慮しないで! じゃ、お願いね!」

 そう言って果歩はご機嫌でテストに向かった。

 こうして僕は成り行き上、撮影を引き受けることになった。

 果歩のテスト課題はジャンプとスピンがそれぞれ三種類ずつ、ステップも三種類。そして最後にフリー。それを他の受験者と交代で一つ一つ受けていく。

 僕は自分のテストが始まるまでの間、ずっと気が休まらなかった。自分の出番に向けて陽向さんとイメージトレーニングをしている合間も、果歩の番が来るかもしれないとチラチラとリンクの状況を確認する。自分がアップする合間も、うっかり果歩の出番を逃してはならないと気が抜けない。

 僕は度々陽向さんを残して撮影に向かった。

 果歩の出番が近づくと「すみません……」と言って陽向さんの元を去り、出番が終わるとまた「すみません……」と言って戻る。陽向さんはいつも通り微笑んでくれていたけれど、僕は心苦しくてならなかった。

 陽向さんとのアップに集中できない一方で、果歩の撮影にも集中できない。

 前回のテストでは見ることのできなかった衣装姿を果歩がフリーで見せた時も、僕はその姿を落ち着いて見ることはできなかった。



長い爪 池野茂治	ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 鼻血姫

今井正 薩チャン正ちゃん 戦後民主的独立プロ奮闘記 おっぱいをなめる 伊藤静
小清水亜美 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
高山みなみ 井上匠 ピンチランナー モーニング娘。 変態淫乱更田まき~ぶっかけ昇天
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 林原恵美
ぶっかけ 水樹奈々 柿原徹也
藤井リナ 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
稲葉祐子 CLEAN ROOM ハードコア 水瀬祈願
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 高橋さん
松たか子 グループゲリラハメ撮り 愛弥&梨緒 橋本環奈
細谷佳正 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
中華料理 伊井糸江 総会屋錦城 勝負師とその娘 三浦友和
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 柏木由紀
松本潤 Hカップ新山かえで~フェラ三昧 上戸彩
松本潤 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
名井南 レズビアン 乃木坂46
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 前田敦子
当店では、お掃除フェラはサービスです! イレーネ?グラフ 恋のレディ&レディ? 中森明菜
中山美穂 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
Emile Kacmann ワルソー?ゲットー はめ好きEカップ美爆乳 綾瀬ティアラ 篠田麻里子
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 深田恭子
南條愛乃 石川幸男 ひだるか 沢城美雪
篠田麻里子 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
美巨乳ギャル美月~フェラ&中出し イオナ?カラベラ REDCON-1 レッドコン1 戦闘最大警戒レベル 藤井リナ
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 橋本環奈
Edward McQuade 見捨てられた女 生ハメフェラ三昧~佐々木マリア 友田彩也香
柏原崇 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
素朴な美しさ 好色妻降臨 生ハメ妻倖田りなPart3 おっぱいに発射
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 竹達彩奈
田村由香里 顔射 張本智と
小野大輔 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
大量ぶっかけ 市川魔胡 野良猫ロック マシンアニマル 神谷浩史
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 錦戸亮
前田敦子 小野大輔 生ハメ爆乳上原保奈美~ぶっかけ昇天!
山下智久 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
李恢成 伽揶子のために セクシー熟女南あかり 激烈中出し 小野リサ
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 森川智之
美乳早川ルイ~プライベートフェラ 金城武 平野綾
亀梨和也 長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇
高倉健 福山潤 マッサージ
長い爪 池野茂治 ビー?バップ?ハイスクール 高校与太郎完結篇 二宮和也
星野亜希 イヴ?シャンヴィヤール ベンダ?ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡 体をなめる
高倉健 キュートなビキニ娘に中出し 葉月みりあ 水樹奈々
お尻なめる 伊藤光博 TOGETHER 真野恵里菜
内田有紀 福山潤 石倉千子 横たわる彼女
山下智久 放課後の教室でグループファック 沙藤ユリ 石川佳純
斎藤鳥 グループ顔射でぶっかけ三昧!橘ひなた 玉木宏
雨宮の日 磯貝奈美 おとこのこ 宮野真守
セクシー熟女は官能エステティシャン 雨宮の日 柏木由紀
イ?ドゥイル MUSA 武士 美少女泡姫小泉梨菜~潜望鏡フェラ~ 浜崎あゆみ
花田美恵子 イブ?グリンデマン クレージー?パラダイス 宮沢理恵
一人遊び 市川團升 折鶴笠 村川梨衣
スレンダー美女百合川さら~豪快Wフェラ 精子 池田踊り
小清水亜美 今村怜央 モダン?ラブ 乱行
板橋貞夫 若いしぶき 変態美形ギャルに連続ぶっかけ! 黒木明糸
オナニー 五十嵐さゆり 死神ターニャ 中山美穂
松坂慶子 立ちハメ Erik Rasmussen 姿なき軍隊
スケベな美尻みづなれい~フェラ&中出し 巨乳 木村拓哉
小清水亜美 ナチュラル巨乳 梶裕貴
宮野真守 パイパン美乳ギャル~フェラ&中出し その他
潮吹きまくり全身おもちゃ責め~こころ Eve Cauley バウンド 高橋さん