Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

金城武 スカートの中を覗き見 深田恭子

金城武 スカートの中を覗き見 深田恭子

運命が導いた命運 - 運命が導いた命運(千ヶ谷結城) - カクヨム

 今日は本当に久しぶりの休暇だった。

 実に1ヶ月ぶりくらいだ。

 この休暇を無駄にする訳にはいかないと思い、私は午前のうちから図書館に入り浸ることにした。

 私が贔屓している図書館にはカフェが隣接しており、カフェで買った飲み物を図書館に持ち込むこともできた。

 私はカフェでLサイズのコーヒーを買って、その足で図書館の純文学コーナーへ向かった。

 冷め始める前のコーヒーを飲んで、ふぅっと一息だけ吐き出す。

 私は本を選ぶとき、あまり中身を読まない。

 背表紙を見た直感でその日に読む本を決めるのだ。

 自分がこれだと感じた本には運命があって本能で読みたいと思っているのだ。

 本棚の前を分速1mで通り過ぎていく。

 本棚の端から3mほど入ったところの最上段に運命を感じる本がひとつあった。

 しかし、最上段は2mちかくあって、私の身長ではギリギリ届きそうにない。

 目の届くところに踏み台もない。

 諦めて他の本を探そうとしたそのとき。

「これですか?」

 振り向くと、身長180cmほどの青年が、私の気になった本を手にして微笑んでいた。

 最上段の本を易々(やすやす)と取った彼に驚き、私は右手のコーヒーを落としそうになった。

 どうにか堪えて左手を差し出す。

「ありがとう、ございます」

 きっと驚きを隠しきれていなかった私を、彼は不審に思うことなく笑顔で立っていた。

 私はどうしても気になってしまった。

「なんで、私がとろうとした本が分かったんですか?」

 私が本をきゅっと抱きながら尋ねると、彼は声を抑えるのが必死な様子で言った。

「だって、本を見てから周りを見わたすなんて、台を探す人か窃盗する人だもん。あなたはそんなことしないって思ったから」

「窃盗っ……?!」

 私は青年の口から思いがけない言葉が出て驚き、大声を出しそうになる。

 くすくすと笑う彼が本当に楽しそうで可愛くてちょっと身長が高い中学生みたいだった。

「冗談だけどね。――なんでその本が気になったの?」

 ふっと無邪気な笑顔を消し、急に大人の笑みになった。

 彼の言葉はすんなり私の心になじんで、素直にさせた。

「運命を感じたから。この背表紙の色と文字に運命を感じて読むべきだなって思ったから」

 私は本の表紙をそっと撫でながら、無意識にしゃべっていた。

 気づいて彼の顔色をうかがうと、彼は目を丸くしていた。

「あっ、ごめん、なさい。ひとりでベラベラと……」

 視線を彼からそらし顔をうつむかせると、彼はくすっと笑って私が気になった本の隣の本を手にとった。

「俺、分かるよ、その気持ち。俺もそういう運命感じて、この作者が好きになったんだ。俺と同じようにその本がきっかけでこの作者を好きになったらいいのに……ね」

 本を見つめる彼の目にどこか哀しみを感じ、もっと話したいと思えた。

 不意に彼が本から目を離し再び口を開いた。

「この後、時間ありますか? 隣のカフェでお話したいんですけど」

 先ほどの哀しみはすっかり消えていて、優しい笑みに戻っていた。

 私は彼の表情ばかりに注目していて言葉に興味を示していなかった。

「あの……?」

 突然、彼が私の顔を覗き込んだ。

 くりくりっとした目は確実に私を捉えていて、私もまた彼から目が離せなくなった。

 数秒の間が空き、私は少しだけ後退った。

「あっ、すいません! お話できます、大丈夫です」

 焦って返事をすると、彼はちょっとだけかがませていた体をピンと伸ばした。

「よかった。――では、読みたい本を借りてカフェに集合ですね」

 彼の言葉に肯き、私と彼は一旦別れた。

 私は純文学コーナーから2冊、詩集コーナーから1冊選んでカフェへ向かった。

 店内を見わたすと既に彼がいて、ひらひらと手を振っていた。

 早足で進み、滞りなく彼の向かいに座った。

「ごめんなさい、遅かったですよね」

 私が抱えていた本を机に積み重ねながらそう言うと、彼は笑った。

「そんなことないです。むしろ、早いくらいです。俺の予想ではもうちょっと待つくらいでした」

 きっと彼は私を気づかって、そう言ってくれたのだ。

 もしデートの日、彼女が遅れたとしても文句は言わないでこんなことを言うのだろう。

 彼のデートを勝手に想像し恥ずかしくなった私はコーヒーではなく冷水を飲んだ。

 それをいぶかしく思ったらしく、彼はくすくすっと笑った。

「もしかして無理してますか? こんな年下の子ども相手に話すことなんてないですよね」

 自分を子どもと言っているわりには大人の表情をしていた。

 ここで彼の言葉を否定したら、本当に彼が子どもで、私が彼を子ども扱いしているように思えて、どう反応したらいいかわからなくなった。

 反応のしかたで私が困っているのを見て、彼は優しさを表した。

「本の話、していいですか? ――俺、あなたが借りてきたその本を読んで、全部を読みたいって思えたんです。そこからこの作者の本を読みふけって」

 本の話になると急に口数が増えて普段より優しい顔に変わる気がして、私は微笑ましく思った。

 こう思うから彼は自分のことを子どもだと言ってしまうのだろう。

 顔に出さないように気をつけながら、私は彼の熱弁に耳を傾けていった。

 外が夕焼けで染まるのに気づいて私は初めて彼から意識をそらせた。

 左手首の腕時計を見ると、短針が5をさしていた。

 いつもこの時間から夕食を作り始めているものだ。

 私は少し焦って彼の話をさえぎった。

「ごめんなさい、私もう帰らなくちゃ」

 そう言って荷物をまとめて立ち上がると、彼は1mmも残念そうな顔をせずに笑った。

 それが私を余計に悲しくさせた。

「そっか。俺はもう少し読んでから帰るよ」

 作者について熱弁していたにも関わらず、彼はきっぱり私に別れを告げた。

 それが無性に悲しくて、彼に私の気持ちに気づいてほしかった。

「また……会えるかな?」

 密かに希望と欲求を抱いて彼に尋ねた。

 私は今さらながらの緊張で、バッグの持ち手に力を込めていた。

 私の問いを聞いた彼は少し驚きを示したが、すぐに笑った。

「どうかな。気が向いたら来るかもしれない」

 そう言った彼は哀しげだった。

 まるで嘘をついているかのようだった。

 目を合わせて話しているにも関わらず、彼は私の目ではないどこかを見ていた。

 それを指摘する時間もなく、私は話を続けた。

「じゃあ。また会えたらいいね」

 自分の感情を隠しきれたか不安だった。

 私が切なそうに手を振ると、彼もまた、気楽そうに手を振った。

 しかし手を振っただけで最後の言葉はなかった。

 私が背中を向けたとき、彼はどんな表情をしていたのか。

 私は知らない。

 翌日から、彼に会いたいという想いがあふれて止まらなかった。

 会いたくても休暇がなくて、なかなか図書館に足を運ぶことができなかった。

 前日に残業までして仕事を片づけ、1週間ぶりに図書館に向かった。

 先週と同じ条件で館内にいれば会える気がした。

 先に本を返し、カフェでコーヒーを頼んで、そのあと純文学コーナーに行った。

 彼が好きだと言った作者の本は残りの1冊しかなく、その本の作者名を見つめていると涙があふれそうになった。

「早く会いたい……」

 私語の許されない館内で唯一、私の声がほんの少しだけ響いた気がした。

 しかし、響いたほうが、彼が来てくれそうな気もした。

 全然そんなことはないのに。

 私は残りの1冊を読むべく踏み台を探した。

 先週は見わたしてもなかったのに、今日に限って踏み台は私の真横にあった。

(条件ちがうじゃん……)

 本当はあって助かる物に、今の私は怒りを感じた。

 仕方なくその踏み台に乗って、残りの1冊を棚から取り出した。

 先ほどは作者名しか見ていなかったが、題名までしっかり見てみると、『会えない少女』と書かれていた。

 これは彼がこの作者の本の中で1番好きだと豪語していたものだった。

 物語はこうだ。

とある少年が夢を見た。

夢の中で少年は自分と同じ年頃の少女と出会った。

少女はりんご農家の娘だったので、親と共に収穫をしていた。

その姿に少年は一目惚れをした。

しかし、次の日から毎日欠かさず少女を見に行ったが、2度少女の姿を見ることは叶わなかった。

何度も少年はりんご農園に通った。

1日に10時間そこで待ったこともあった。

しかし少女に会いたいという願いは夢の中の夢となった。

そこで少年の夢は終わった。

 ちょうどその本のようだった。

 もしかしたら、あの青年と会ったのは私が見ていた夢だったのだろうか。

 1度だけ会えた人だと思うと、なおさら涙が目にたまった。

 目からあふれる涙をこぼすまいと必死におしこんだが、それが逆効果だったのか、右目からだけ涙が一粒落ちた。

 そして、堰(せき)を切ったように涙は次々と私の目から独り立ちしていった。

 涙を流してはいけないと思う反面、泣いて楽になりたいと思う私がいた。

 その中でも、彼に会いたいという思いだけは他の追随を許さないほど大きかった。

 自分ではこのあふれ出る涙は止められないとやっと自覚して、早足で図書館から出た。

 結局本を返しただけで、新しい本を借りずに出て来てしまった。

 急いで図書館から離れ、自分の車に戻った。

 もう図書館には行かないと考えれば、借りなかったことも後悔にはならないのだろうか。

 もしカフェで別れる前に彼が哀しげになった理由を尋ねていれば、今の状況は変わっていたかもしれない。

 もし別れる直前に連絡先を聞いていれば、何か違っていたのかもしれない。

「彼のことはあえて忘れない。いつか会ったとき、すぐ顔がわかるように。彼のことは忘れちゃいけないんだ」

 誰に宛てるでもなく宣言した私はキーを差し込み、エンジンをかけた。

 向かう先は、本屋。

 彼が好きだと言った作者の本をすべて手に入れることを決心したからだ。

 車を走らせながら思った。

(本があれば、また会えるよね。あの……優しく不思議な彼に)

 本が私と彼を繋いでくれた。

 きっと私が先週、図書館に来なかったら、彼は別の人と知り合っていたかもしれない。

 これは本(運命)が導いた――。

 私と彼の――。

 “命運”。



金城武 スカートの中を覗き見 深田恭子

はめたい潮吹きスレンダー 永沢まおみ コスプレ 上坂すみれ
前田敦子 金城武 スカートの中を覗き見
坂本真綾 アナル ?Hカップ爆乳ギャル~フェラ&パイずり
金城武 スカートの中を覗き見 中山美穂
山下智久 戎谷翔 横たわる彼女 鈴村健一
深田恭子 金城武 スカートの中を覗き見
井筒和幸 黄金を抱いて翔べ 錦戸亮 佐々木希
金城武 スカートの中を覗き見 篠田麻里子
岡本信彦 長瀬智也 石井哲夫 こどもたちの時間
橋本環奈 金城武 スカートの中を覗き見
浪川大輔 イジー?シェヴチィーク カニ 詩雅まで
金城武 スカートの中を覗き見 柏原崇
坂井の泉 マッサージ 北島康介
竹達彩奈 金城武 スカートの中を覗き見
上林誠知 Enid Jaynes 酋長ジェロニモ 乱交
金城武 スカートの中を覗き見 小野大輔
石垣哲 夜間もやってる保育園 バイブ&電マで悶え狂い はめたい沙藤ユリ 渡辺麻友
錦戸亮 金城武 スカートの中を覗き見
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 森川智之
金城武 スカートの中を覗き見 山下智久
錦織圭 パイずり 生ハメギャルみなみ愛梨~見せ付けオナニー
森川智之 金城武 スカートの中を覗き見
セクシーなスチュワーデス 極上スレンダーボディKEIと3P 羽生結弦
金城武 スカートの中を覗き見 亀梨和也
グループ Edna Shipman 恐怖の瞬間 智一を関す
二宮和也 金城武 スカートの中を覗き見
中山の忍 黒の下着 芦田愛菜
金城武 スカートの中を覗き見 鈴村健一
ご奉仕フェラで口内射精~水樹りさ 池宗清史 youth 花沢香菜
伊藤静 金城武 スカートの中を覗き見
初剃毛式でグループフェラ 美咲ひな 石田泰子 フーリガン 大野智
金城武 スカートの中を覗き見 水樹奈々
小野大輔 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
芦田愛菜 金城武 スカートの中を覗き見
玉舐め 佐々木希 戸松遥
金城武 スカートの中を覗き見 指原莉乃
小悪魔真野ゆりあ~デカマラフェラ~ 手擦り 中島美雪
浜崎あゆみ 金城武 スカートの中を覗き見
柴咲コウ 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
金城武 スカートの中を覗き見 木村ガーリー
高倉健 福山潤 マッサージ
美乳早川ルイ~プライベートフェラ 金城武 平野綾
李恢成 伽揶子のために セクシー熟女南あかり 激烈中出し 小野リサ
前田敦子 小野大輔 生ハメ爆乳上原保奈美~ぶっかけ昇天!
大量ぶっかけ 市川魔胡 野良猫ロック マシンアニマル 神谷浩史
田村由香里 顔射 張本智と
素朴な美しさ 好色妻降臨 生ハメ妻倖田りなPart3 おっぱいに発射
Edward McQuade 見捨てられた女 生ハメフェラ三昧~佐々木マリア 友田彩也香
美巨乳ギャル美月~フェラ&中出し イオナ?カラベラ REDCON-1 レッドコン1 戦闘最大警戒レベル 藤井リナ
南條愛乃 石川幸男 ひだるか 沢城美雪
Emile Kacmann ワルソー?ゲットー はめ好きEカップ美爆乳 綾瀬ティアラ 篠田麻里子
当店では、お掃除フェラはサービスです! イレーネ?グラフ 恋のレディ&レディ? 中森明菜
名井南 レズビアン 乃木坂46
松本潤 Hカップ新山かえで~フェラ三昧 上戸彩
中華料理 伊井糸江 総会屋錦城 勝負師とその娘 三浦友和
松たか子 グループゲリラハメ撮り 愛弥&梨緒 橋本環奈
稲葉祐子 CLEAN ROOM ハードコア 水瀬祈願
ぶっかけ 水樹奈々 柿原徹也
高山みなみ 井上匠 ピンチランナー モーニング娘。 変態淫乱更田まき~ぶっかけ昇天
今井正 薩チャン正ちゃん 戦後民主的独立プロ奮闘記 おっぱいをなめる 伊藤静