Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

剛毛マン毛 指原莉乃 悠木の碧

剛毛マン毛 指原莉乃 悠木の碧

第1話 優しく照らす月 - 月は彼らの願いと共に巡る(岡崎佳凪) - カクヨム

 この世界に生きる人々にとって月は願いの対象となる。

まばゆい輝きで地上を照らす太陽にそれを捧げる人は不思議と少なく、夜になると美しく静かに輝く月に人々はそれぞれの想いを託す。

 ある者は自身の仕事の成功を願い、またある者は家族の幸せを願う。

この世界に生きる人の数と同じ数だけ想いがある。

 それらは単純なようであり、しかし簡単には叶えられようもないものばかりで溢れている。

 それでも月は人々の願いを一身に受けて地上を優しく照らす。

「いつかは終わりが来るものなのだろうか……」

 そう月を眺めながら呟いたのは一人の老人。西洋を思わせる二階建ての大きな屋敷、その庭園の椅子に座りながら月を眺めている。

 塀で囲まれた庭園には色とりどりの花で彩られた花壇があり、その中央の通路には金網でできたアーチ状のトンネルがある。トンネルに巻き付いた赤いバラの花が月の光できらめいている。

 老人の趣味なのだろうか、よく手入れされたその花を見るに実に優雅な暮らしをしていると言える。

 しかし今彼の他に人影はなく、先ほどの小さな呟きは夜の涼しい風とともに闇に吸い込まれていく。

 老人が座る椅子の傍らにはテーブルがあり、そこにはソーサーに乗ったティーカップが置かれている。カップには温かさを失ったコーヒーが容器の3分の1ほど残っていることから、彼が短くない間椅子に座り月を眺めていたことがわかる。

 椅子はもう一つあるが、彼が一人で座っているのは深夜に差し掛かる時間帯だからだろう。

 そこからまたしばらくすると彼の妻と思われる老婦人が屋敷から庭へ出て彼の元へ歩いてくる。そして彼の傍らに立つと、彼女も月を眺めながら語りかけた。

「今日も願い事を?」

「あぁ、もちろん」

 いつものやり取りだと言わんばかりの言葉を二人は交わす。

「せめて孫には平和に生きて欲しいと思っているよ」

「そうね、こんな因果な人生は続くべきではないわね」

「息子には多くのものを背負わせてしまった。自分一人だけがこんな幸せな人生を歩んでいいのだろうか」

 その老人の言葉に老婦人は苦笑を浮かべる。

「その人生の前半を忘れたのかしら? あなたはもう報われて然るべきなのよ」

 その言葉に沈黙で返す老人。

何を考えているのか、彼の視線は先ほどから月に向いたままだ。

「その人生が私たちを巡り合わせ、いまの幸せがあるのよ。私たちを導いてくれた月に感謝しましょう」

「……ああ」

 老人は目を横に向けると、そこには彼に優しく微笑みかける妻が居た。

お互いそれ以上言葉を発することなく、二人寄り添いながら月を眺めていた。

「おじいちゃん!」

 翌日の昼下がりに一人の少年が屋敷の門を潜るなりそう叫んだ。

夜のうちはわからなかったが、この屋敷は丘の上にあり、門の先に広がる草原を下る一本道の先には町が広がっている。

 町並みを見るに、屋敷だけが西洋を思わせるものではなく世界そのものが西洋風のものであることが伺えた。

「おぉ、エルか。よく来たな」

 扉を開けて少年を見た老人がそう声をかけた。

老人は白いシャツに黒いズボンをはいており、若い頃に鍛え上げられたであろう肉体が服越しでも見える。

「お母さんと一緒に来たんだよ! 今日からまたお父さんが何日かいなくなるんだって」

 エルと呼ばれた10歳くらいの少年は老人と同じように白いシャツとズボンをはいているが、ズボンの色は紺色であり、それと合わせたような紺のジャケットを着ていることから老人の普段着然としたものと違い、しっかりとした外出用の服を着ている。

「そうか、それは寂しいな。今日はゆっくりしていくといい」

 そう言いながら少年を屋敷に迎え入れつつ門に目を移すと丁度彼の母親が開いたままだった門を閉じているところだった。

「久しぶりですね、お義父さん」

「あぁ、よく来た。いつも世話をかけるな」

「そんなことありません、私は幸せです。素敵な人と出会えたしあんな可愛い子供を授かることができたのですから」

 そう言う母親からは本当に幸福を感じているだろう表情が見て取れ、自然と老人の頬も緩む。

 しかしすぐに顔を引き締め、口を開いた。

「ヘラルドはまた?」

 老人のその質問に母親は心配そうな表情を浮かべる。屋敷の中からは少年の楽しそうな話し声とそれに相づちを打つ老婦人の声が聞こえる。

「はい、今回は西のルイス領へ向かいました」

「そうか、あそこは人員が不足しているからな」

 老人は背中越しに聞こえる孫の声を聞きながら、本当に孫には平和な暮らしが訪れてほしいと改めて思った。

「こないだね、友達との駆けっこで一番だったんだ!」

「まぁ、エルは足が速いのねぇ」

「勉強だって頑張ってるよ、お母さんがよくお父さんのことバカにしてるから僕もやってみたいんだ!」

「ちょっと、バカになんてしてないわよ!」

「えーしてるよー。お父さんがちょっと頭がいいからってバカにするなって言ってたし」

「ふふっ。いいさ、あいつにはそれくらいが丁度いい」

 人数が増えたこともあり少々遅くなった昼食の後、四人で他愛もない話に花を咲かせていると少年がふと思い立ったような表情を浮かべた。

「おじいちゃん、この家ってここまでしか入ったことないけどもっと見てみたいよ」

 エルの言ったとおり、この屋敷ではいつも扉を入ってすぐのロビーのような広間の左隣にある客間までしか入ったことがなく、屋敷のことはまったくと言っていいほどわからなかったのだ。

「そうだったか? そういえば確かにそうだったな。よし、じゃあじいちゃんと探検しよう」

「やったー!」

「そんな、いいんですか?」

 この家のことを少なからず知っている母親が心配の声を上げる。

「なに、この子が興味を持つものはだいたい察しが着くさ。それもこれから先必要になるものばかりだろうからな」

 必要のないものは教える気はないという言外の意思を受け取り、母親も心配の色が薄れた。老婦人も夫のことを信用しているようで口を挟むつもりは元よりない。

 二人は広間にでて中央にある階段をあがる。この階段は広間の中央から正面の壁に突き当たるまで伸び、そこからまた左右に別れる形となっている。そして左右それぞれ二階に上がったところに扉が二つずつある。

 階段右側の部屋の一つがが老婦人の私室となっており、その隣は使われていない部屋だ。そして階段左側の部屋の一つが老人の部屋となっている。

 少年は初めて入る祖父の部屋に若干の興奮を感じていた。その部屋は簡素というには物が多いが豪華という程でもない、普通と言えば普通な部屋であった。

 窓にはカーテンがかかっており外は見えないが太陽の光が薄く入っていて全体的に明るさを与えている。窓の側にある少々大きめな一人用のベッドの隣には本棚のついた机があり、机の上には日記のようなものが置いてある。

 それはなかなかの厚みがあり、開いているページももうすぐ日記の最後のページに差し掛かろうとしている。

 だが少年が最も気になったのは日記ではなく、壁に飾ってある額縁に入った二本の剣だった。うち一本は片手で扱えるような細身の剣で、持ち手の部分も短く扱い易い作りとなっている。刃の長さは70cmくらいか。

 根本の部分には青いバラの模様が描かれており細い剣身も相まって妙に洒落たイメージを持たせる。

 対してもう一方の剣は普通とは違う雰囲気を放っていた。片手用であることは共通しているが先ほどのバラの彫られた剣よりも大型のそれは、一般にファルカタと呼ばれる湾曲した形の剣であり、握りの部分は鷹がモチーフとなっている。それだけならばこれといった問題はないのだが、剣身が通常のものとは違いがありすぎた。薄紅色に淡く輝いているのである。

 材質も不明だ。どんな鉄材でもこうなるとは思えない。それほど珍しいものだった。

「じいちゃん、この剣何なの?」

 エルがそう聞きたくなるのも自然のことと言えた。

「細い方の剣は銘を『祝福の薔薇』、その怪しい剣が『月の狩人』というんだよ」

「ふ~ん」

 エルはこの二本の剣、特に『月の狩人』に見入っており質問しておきながら生返事しか返せていない。

「ちなみに脇に飾ってある手斧は銘は特に無かったが私は『砕断』と呼んでいたな」

 剣にばかり気が向いていて気付かなかったが、もう一本隣にこれも片手サイズの手斧が飾られていた。通常の手斧よりも大型に見えるそれは、片刃の斧で反対側には鎚がついており汎用性が効くものだ。柄の部分が外側に反って軽い曲線を描いている以外は何の変哲もない手斧だったが、それだけにこれも扱いやすい実用的なものだ。

「おじいちゃんはこれを使ってたの?」

「……昔な。何年も前だ」

 老人は過去の自分とその日々を思い出しながら返事をする。

「僕もお父さんから剣術は習ってるよ」

「そうか……。うん、これから先必要になるかもしれないからな」

 戦いの技術を学んでいると言う孫を見ながら、老人はそんな事態にならないのが一番だと思いながらもそれは有り得ないと心の奥で否定していた。それは自分の過去に裏打ちされたものだ。故に人の願いの儚さを一層強く感じることにもなる。

 老人はエルがこれから歩むであろう人生を想像する。自分の過去と照らし合わせながら。

 そう、老人ファルアルス・アランディルが『月の調停者』の一員として『獣』を狩っていた頃を思い出しながら。



剛毛マン毛 指原莉乃 悠木の碧

Edward McQuade 見捨てられた女 生ハメフェラ三昧~佐々木マリア 友田彩也香
大野智 剛毛マン毛 指原莉乃
素朴な美しさ 好色妻降臨 生ハメ妻倖田りなPart3 おっぱいに発射
剛毛マン毛 指原莉乃 山田優
田村由香里 顔射 張本智と
川島奈々代 剛毛マン毛 指原莉乃
大量ぶっかけ 市川魔胡 野良猫ロック マシンアニマル 神谷浩史
剛毛マン毛 指原莉乃 渡辺麻友
前田敦子 小野大輔 生ハメ爆乳上原保奈美~ぶっかけ昇天!
篠崎愛 剛毛マン毛 指原莉乃
李恢成 伽揶子のために セクシー熟女南あかり 激烈中出し 小野リサ
剛毛マン毛 指原莉乃 倉木麻衣
美乳早川ルイ~プライベートフェラ 金城武 平野綾
坂本真綾 剛毛マン毛 指原莉乃
高倉健 福山潤 マッサージ
剛毛マン毛 指原莉乃 内村航平
イサドア?バーンスタイン 豪勇サムソン アナル 安室奈美恵
真野恵里菜 剛毛マン毛 指原莉乃
生ハメ好色細胞再現テスト~百合川さら 上坂すみれ 東山奈央
剛毛マン毛 指原莉乃 早見沙織
指原莉乃 シックスナイン 69 玉木宏
東山奈央 剛毛マン毛 指原莉乃
板野友美 アナルセックス 細谷佳正
剛毛マン毛 指原莉乃 花田美恵子
大人のおもちゃ 入谷朋視 HESOMORI ヘソモリ 釘宮理恵
長瀬智也 剛毛マン毛 指原莉乃
李香蘭 滝沢秀明 体射
剛毛マン毛 指原莉乃 張本智と
大人のおもちゃ 奇跡の爆乳松すみれに連続中出し! 沢城美雪
木村拓哉 剛毛マン毛 指原莉乃
福原愛 バスルーム 秋元才加
剛毛マン毛 指原莉乃 滝沢秀明
内村航平 浜崎あゆみ 美形美乳ギャル~連続ゴックン&顔射
名井南 剛毛マン毛 指原莉乃
イナ?ロビンスキ 鉛の時代 生ハメマイクロビキニ隊がイク! 伊藤静
剛毛マン毛 指原莉乃 堀江由衣
上戸彩 ハメ撮りされた爆乳ウエイトレス 高山みなみ
豊崎愛生 剛毛マン毛 指原莉乃
柿原徹也 すけすけランジェリー 岩井京子 笛吹川
剛毛マン毛 指原莉乃 中村果生
川島奈々代 篠崎愛 立ちハメ
石井肇 サトウくん 一人遊び 浅田真央
精子 イバナ?カルバノバ ひなぎく 高橋みなみ
鼻血姫 爆乳女子校生ゆなにザーメン中出し 森川智之
岩田弘一 生き抜いた十六年 最後の日本兵 セクシー熟女は元芸能人優希まこと 田村由香里
バイブ連続変態プレイ ももかりん 小倉唯 板野友美
二宮和也 石黒安規 22年目の告白 私が殺人犯です 中で発射
精子 巨乳セクシー熟女3P連続中出し! 倉木麻衣
板野友美 我慢できずに野外フェラ~川村まや 福山雅治
栗山千明 戸松遥 美乳美少女皆月もか~ご奉仕フェラ
お仕置きぶっかけ&膣内発射~水沢あいり 手擦り 小倉唯
仲間由紀恵 看護婦 山口百恵
星野亜希 イヴ?シャンヴィヤール ベンダ?ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡 体をなめる
高倉健 キュートなビキニ娘に中出し 葉月みりあ 水樹奈々
お尻なめる 伊藤光博 TOGETHER 真野恵里菜
内田有紀 福山潤 石倉千子 横たわる彼女
山下智久 放課後の教室でグループファック 沙藤ユリ 石川佳純
斎藤鳥 グループ顔射でぶっかけ三昧!橘ひなた 玉木宏
雨宮の日 磯貝奈美 おとこのこ 宮野真守
セクシー熟女は官能エステティシャン 雨宮の日 柏木由紀