Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

柴咲コウ 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century

柴咲コウ 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century

第1話異世界召喚 - 勇者召喚された俺は勇者じゃありません(ナガト) - カクヨム

 部屋中を埋め尽くすほどの眩しい光。

 光は次第に弱まり部屋の中心部に描かれている魔法陣へと集束すると、光の中から一人の少年が姿を現した。

 魔法陣の前には身なりのいいドレス姿の少女と数人のローブを身に纏った大人たちが立っており、彼女らは彼女らで歓喜している。

「やった……、成功した……!」

「やりましたぞっ!」

「さずが姫様!」

 と、周りの大人たちは中心に居る姫と呼ばれている少女を賞賛していた。その喜びようから奇跡と呼べるものに等しいのだと理解できる。

 喜びの渦は更に増して、ついに歯止めが利かなくなりそうになった辺りで魔法陣で呼ばれた少年が口を挟んだ。

「あ、あの、これはいったいどういう状況なのでしょうか?」

 率先して少女たちに話しかけたのは、黒髪の少年、神崎湊(かんざきみなと)だった。

(姫様? それにローブ姿の人たちが持っているあの杖は……?)

 先ほどの会話も貴重な情報として頭に残し思考を巡らせる。

 日本人とは思えない顔立ち、しかしながら彼女らが話す言葉が寸分違わず理解できる、そして湊たちの目の前にいる少女が『姫』と呼ばれていた等々を踏まえて

(異世界に召還された……?)

 湊がその結論に行き着いた直後、姫と呼ばれている少女がハッとした表情をして姿勢を正した。

「も、もうしわけございません。勇者様方、ここはアルバルト王国の王都、そしてこの建物は我が国の王城でございます。そして、わたくしはアバルト王国第二王女アリス=フォン=アバルトでございます」

 そういってアリスはドレスを少しつまみ上げ優雅に一礼をした。その動作には迷いが一切無く洗練された礼に湊は内心ときめいていた。

「勇者様は私の召喚の儀式によって、元居られた世界とは違った世界に召還されました」

「ははは……」

 説明をしているアリスの言葉を聞き、冗談半分で行き着いた結論と一致したことに湊は乾いた笑いをした。

「勇者にはどうか魔族の王。悪しき魔王の魔の手から我々を救っていただきたいと、召喚させていただきました」

「は、はあ」

「どうか国王から事情を聞いていただけませんか?」

 湊はどうするか悩んだ末、静かに頷いた。

「はい、是非聞かせてください」

「よかったです。では、私についてきてください」

 薄暗い部屋を出ると細い長い廊下があり、湊はアリスの後ろをついて歩く。

 いくつか階段を上ると太陽の日差しが射し込み、今まで地下に居たのだと気づいた。

 城の内部はとても豪勢な造りとなっており、綺麗に敷き詰められた床は湊たちが歩くことでリズミカルに音を鳴らしていた。

 しばらく歩くと、目の前に一際豪華に出来た扉が現れる。

 その脇には城内のどこの警備兵よりも屈強そうな者が二人備えられていた。

 アリスが警備兵に視線をやると、それに反応して警備兵二人は扉を開けた。

 開かれた先の部屋は広間と言っても過言でないほどの大部屋だった。

 部屋の中央には赤い絨毯が敷かれ、両端には大きな石で出来た柱が均等に幾つも立っている。

 絨毯が敷かれてある先には短い階段があり壇上には法衣を着た神官、そしてその前にある王座に座っている国王がいた。

 国王は三十後半あたりで威厳のある顔つきをしている。

 自身の髪色と同じ金の椅子の肘掛けに肘を突き歩いてくる湊を見つめた。

 王座の前まで来るとアリスは頭を垂れた。

「国王、勇者召喚によって喚び出された勇者様をお連れしました」

「ふむ、見事召喚を果たしたなアリス。そして、お主が勇者か……まだ若いな」

 湊を見た国王は目を細める。

 中性的な顔に鍛えられていない体は勇者のイメージとは程遠かった。

「余はアルベルト=フォン=アルバルト。このアルバルト王国の現国王である。さて、早速出悪いがお主に聞いてもらいたい話がある」

 曰く、この世界には人族の国、妖精族の国、獣人族の国、そして魔族の国と分かれており長年互いに干渉せずに平和な生活を送っていた。

 しかし、ある日突然魔族を統べる魔王によってその均衡が崩れだし、世界の危機に陥っている。

 魔族の領土拡大で人族、妖精族、獣人族の国で争いが起きるようになったり、今現在魔王の手によって世界が滅びかけている。というものだった。

 王道だな。と湊は思う。

「そ、それでその魔王を俺が倒せばいいと?」

「左様、さすればお主が望むものを授けよう。富や栄光、もちろん再び元の世界へと還りたいというならばそれも然り」

「か、帰れるんですか?」

 湊の質問にアルベルトはアリスへと視線を向ける。

 それに気が付いたアリスは湊の問いに返答した。

「はい、我々人族の国には召喚魔法の書物しか存在しませんが、魔王城の書庫には存在すると伝承には記されておりました」

「……帰りたくば魔王を倒せってことか」

 湊はそう呟き、しばらく黙り込む。

 そしてふと疑問に思ったことをアルベルトに問いかけた。

「勇者である証拠ってあるんですか?」

「ふむ、手の甲に紋章のようなものが存在せぬか」

「…………無い、ですけど」

 湊は両手を裏表をよく観察する。

 しかし、アルベルトがいう紋章はどこにも見あたらなかった。

 そこにあるのは綺麗な自分の手だけ。

「なに?」

 アルベルトは怪訝な表情をして聞き返す。

 しかし、湊が返す言葉は変わらなかった。

「無いんです」

 この場にいる全員が凍り付き、時間が止まったかのようになる。

 ハッとしたアルベルトはアリスの方に勢いよく顔を向けた。

「どういうことだ?」

「えっと、あの、恐らく英雄召喚で、普通の異世界人を召還してしまった、のかと…………」

 青い顔をしたアリスの声は次第に小さくなる。

「はぁー、なるほどな……。うむ、異世界からきた者よ、名を何とも申す?」

「……湊。神崎湊です」

「ミナトよ。すまない、おぬしは娘のアリスが誤って召還してしまったようだ。この責任は全て余にある」

 頭を抱えたアルベルトは湊に対して謝罪する。

 それを見た湊は狼狽えながらも質問した。

「ってことはつまり?」

「おぬしは勇者ではなかった。本当にすまない」

 更にアルベルトは頭を抱える。

 召喚魔法は高確率で失敗する。

 その失敗の仕方は術者が意識不明になったり、術が暴走し周囲の爆発、運が悪ければ死に至るケースもあった。

 しかし、今回の召喚は例を見ない失敗方法であった。

「とりあえず、今日はミナトに部屋を案内させよ。ミナト、すまないがおぬしのことは後日どうするか決めさせてくれぬか。決定しだいすぐに知らせる」

「あ、ああ……」

 湊自身も想定しなかった事態に脳が対応しきれず、言われるがままになる。

 王の間の退出時、アリスが湊の元へ駆け寄ってくきた。

「あ、あの……申し訳ございませんでした。えっと、私が召還したばかりに……」

 次第に消える声に湊は作り笑いで答える。

「ああ、……別に君が悪い訳じゃない。気にしないでくれ……」

 アリスは涙目で深く頭を下げた。

 作り笑いとは言え、彼女には少しでも気を楽させようと思っての行動だったが逆効果だったかと湊は困り後頭部を掻く。

 これ以上ここに居る方が不味いと判断した湊はすぐに部屋に案内してもらうよう係りに頼んだ。



 柴咲コウ 秋元才加 石塚透	千里眼 of the end of century

岩崎ちえ 非行少年 のぞき魔3P二穴同時姦~古瀬玲 山下智久
涼太を送る 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
手かせ 中華料理 内田真礼
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 李香蘭
能登麻美子 萌え萌え美少女ぶっかけ生ハメ肉人形 工藤静香
玉木宏 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
4p 生ハメ女優美月優芽~おっぱいご奉仕~ 中島美嘉
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 中華料理
変態りあのペロペロフェラを見てね 菅野美穂 菅野美穂
平野綾 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
中村果生 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 小清水亜美
岩尾望 帰ってきたバスジャック 田村由香里 浪川大輔
林原恵美 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
可愛い妹七星くる~ゴックンフェラ いせゆみこ 岸辺の旅 竹達彩奈
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 藤井リナ
悠木の碧 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
高橋さん 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
狂おしい程のフェラ 爆乳椎名みくる 市道真央 宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース?スクワッド 松たか子
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 田中理恵
シェアガール月野美羽~4Pグループ姦 山口百恵 三浦友和
松たか子 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
上戸彩 体射 柏原崇
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 中島美雪
バック 川澄綾子 名井南
酒井法子 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
玉舐め ダイナマイト爆乳ギャルに二穴中出し! 中森明菜
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 能登麻美子
篠田麻里子 ディープスロート 磯崎寛也 ローリング
羽生結弦 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
井関友香 ナポリタン 二穴全開グループファック いぶき25歳 南條愛乃
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 工藤静香
井原西鶴 ピンクサロン 好色五人女 張形 藤井リナ
田村由香里 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
友田彩也香 五十嵐皓子 ゾンからのメッセージ 大島優子
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 岡本信彦
セクシーストッキング アゲアゲギャル彩音心愛にザーメン中出し! 素朴な美しさ
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
パイパン星野あいかとアナルファック 櫻井翔 張本智と
秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century 山口百恵
酒井法子 イルディコ?バンシャーギィ 10ミニッツ?オールダー イデアの森 坂本真綾
羽生結弦 石津泰志 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」 上坂すみれ
大島優子 イヴ?ドニオ やぶにらみの暴君 ザーメン連続舌上発射!みやび真央
生ハメ志願 Gカップ松永ちえり 素朴な美しさ 涼太を送る
セクシーストッキング 挑発おもちゃオナニー 西川ゆい 櫻井翔
花江夏の木 宮野真守 石川志織 プリンシパル 恋する私はヒロインですか?
おもちゃ挿入 ふんどし娘藤井沙紀~フェラ&中出し 芦田愛菜
Iカップ逆ソープ~フェラ&中出し 石井あや キューティーガール 美少女ボウラー危機一発 早見沙織
仲間由紀恵 天然巨乳美少女~変態ぶっかけ昇天 橋本環奈
栗山千明 極上スレンダーガール坂本ひかる 宮沢理恵
その他 伊藤登美子 アイ?ラヴ?ピース 中華料理
小倉 ハードコア 鈴村健一
剛毛マン毛 肉食系生ハメ美熟女昇天オナニー 松本潤
竹達彩奈 はめポケット付Tバック~音羽レオン 木村ガーリー
長瀬智也 今掛明子 太陽の法 エル?カンターレへの道 Hカップ新山かえで~フェラ三昧
豊崎愛生 爆乳美熟女黒木琴音~ごっくんフェラ~ 白石麻衣
田村由香里 石黒淳士 桃まつり presents うそ 「バーブの点滅と」 新垣結衣
林原恵美 白いパンティストーキング 宮野真守
イアイン?マクリーン ウイスキーと2人の花嫁 柴咲コウ 喜多村の雄
金城武 スカートの中を覗き見 深田恭子