Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 森川智之

高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 森川智之

ロボット工学三原則 - エレナは本当に人を殺したのか?(湖城マコト) - カクヨム

『滝(たき)。今すぐ俺の家に来てくれないか?』

 親友の吉村(よしむら)から電話がかかってきたのは、深夜一時を回った頃だった。

「こんな時間にどうした?」

『とにかく大変なんだ。早く来てくれ』

「要件くらいは言ってくれてもいいんじゃないか?」

 電話越しでも分かるほどに吉村は動揺している。こんな時間に電話をかけてきたのもそうだし、よほどの緊急事態なのだろうか?

『エレナが……』

「エレナが?」

 エレナとは、吉村の所用するメイド型のアンドロイドのことだ。多忙な吉村に代わり、吉村宅の家事全般を受け持っている。そのエレナがどうかしたのだろうか?

『人を殺してしまった……』

「そんな馬鹿な」

 事実だとしたら確かにこれは緊急事態だ。私は急ぎ車を出し、4キロ離れた吉村の自宅へと向かうことにした。

「……急に呼びつけて済まなかった」

「とりあえず、状況を確認させてくれ」

 吉村に案内され、私は事件が起こったというキッチンへと通された。様々な設備の整った高性能のシステムキッチン。こんな時になんだが、流石は高給取りの家だと思わずにはいられない。

「……これは」

 冷蔵庫の前で、一人の若い女性がうつ伏せで倒れ込んでいた。体はすでに冷たくなっている。

「そもそもこの女性は何者だ?」

 

 この家に住むのは吉村とエレナの二人だけだ。少なくとも私は、この女性のことは知らない。

「数時間前にバーで出会った女だ。意気投合して、うちで飲み直すことになった」

「それがどうしてこんなことに?」

「しばらくは雑談をしながら飲んでたんだが、彼女が料理を作ってくれるっていうんでキッチンを貸したんだ。そしたら急に、キッチンで争うような音が聞こえてきて、駈けつけてみたら彼女が倒れていて。そばにはエレナ立ち尽くしていた……」

 

 詳細を口にし、吉村は頭を抱えてしゃがみ込んだ。不安に押し潰されそうになっているようだ。

「落ち着け。エレナが人を殺すなんて有り得ないだろう」

 これは決して慰めで言っているわけではない。アンドロイドであるエレナが人を殺すことなど本当に有り得ないのだ。

 アンドロイドを始めとしたロボット全般には、ロボット工学三原則と呼ばれる絶対順守のルールが存在する。

 第一条。ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、危険を看過することによって人間に危害を及ぼしてはならない。

 第二条。ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし、第一条に反する場合はこの限りではない。

 第三条。ロボットは第一条、第二条に反するおそれのない限り、自己を守らなければならない。

 この中の第一条に準じている以上、アンドロイドであるエレナが女性を殺めることは出来ない。

「……頼む滝。真実を明らかにしてくれ。エレナのせいで人が死んだなんてことになったら、俺は身の破滅だ。エレナだってスクラップ行きになっちまう」

 吉村はそれなりに立場のある人間だ。スキャンダルを恐れる気持ちは分かるし、何よりもエレナそのものを守りたいのだろう。吉村にとってエレナは家族なのだから。

「いいだろう。ただしタイムリミットは朝までだ。それまでに謎が解けない場合は警察の捜査に委ねる。それでいいな」 

 

 吉村は無言で頷いた。本来ならすぐに警察に連絡するべきなのだろうが、私とて友人を窮地に追い込みたくはない。

「滝がいると心強いよ。頼むぜ名探偵」

「名はいらない。私はただの探偵だ」

 私もアンドロイド関係の事件を捜査するのは初めてだが、友人のためにも最善は尽くすつもりだ。

「吉村。エレナは今どうしている?」

「一時的にシャットダウンして休ませている。揉み合いにでもなったのか、体を一部損壊していてな」

 すぐにエレナからも証言を聞けないことは痛いが、吉村の行動は正しい。アンドロイドに何らかの異常が発生した場合、一時的にシャットダウンし行動を制限することが所有者には義務付けられている。

「部品はそれでか」

 先程からキッチンに幾つか機械部品が散らばっているのは目についていたし、壁には何かがぶつかったような跡もある。

「シャットダウンの前に、エレナは何か言っていたか?」

「『原則に従い行動しました』と繰り返していたよ。その時は、エラーでも起こったのかと思ったが」

「原則というのは、ロボット工学三原則のことだろうか?」

「アンドロイドの言う原則だからそうだろうな。だけど、原則に従ったのなら、そもそも殺人なんて起こり得ないし……」

 吉村は再び頭を抱えてしまった。早く安心させてやらないと、彼の気持ちは朝まで持たないかもしれない。

「エレナは原則に従っていたか」

 これは大きなヒントと成り得るような気がした。もちろん吉村の言うように、エラーという可能性も否定は出来ないが。

「第三者が侵入した可能性は?」

 ロボット工学三原則がある以上、エレナの犯行とは考えにくい。そうなると、最も可能性が高いのは第三者が女性を襲ったというケースだ。

「……残念ながらそれは有り得ない。この家のセキュリティーレベルの高さはお前も承知しているだろう? 俺が直接招いた人間以外は、絶対に家の中には入れないよ」

「そうだな」

 吉村の自宅は民間レベルでは最高水準のセキュリティーを有している。並の人間では侵入は難しいし、そもそも吉村本人ではなく、たまたま居合わせただけの女性を襲う必要性が分からない。

「滝。例えば事故や病気ということはないのかな? 彼女が何らかの要因で死亡し、エレナはその場に居合わせただけとか」

「私もその可能性は考えたが、アンドロイドは危険を看過することは出来ない。救命措置などをしていたならばともかく、エレナがその場に立ち尽くしていたという時点でそれは考えにくいな」

「そうか……」

 意気消沈する吉村の姿は見ていて辛かった。

「吉村。少し休んだらどうだ?」

「だけど、呼び出した手前。俺だけ休むなんて」

「一人で推理に集中したい気分なんだ。だから、少し外してくれ」

 どちらも本音だった。基本的に私は、一人きりの方が推理に集中できるタイプだ。

「分かった。何かあったら呼んでくれ」

 そう言うと、吉村はリビングの方へと消えて行った。

「発想を変えるべきだな」

 状況を鑑みると、確かにエレナの犯行である可能性は高く思えた。

 否定から入っては何も始まらない。あえて、エレナの犯行であることを前提として事件を見てみることにしよう。

 ロボット工学三原則に従い、エレナは人間に危害を加えることは出来ない。だが、その原則にも何らかの粗があり、偶然にも悲劇が起こった可能性は否定出来ないのではないか?

 しかし、アンドロイドが人間に危害を及ぼす可能性のある状況とは何だ?

 誰かがエレナに女性の殺害を命じた? いや、アンドロイドは人間の命令には絶対服従だが、それは第一条に反さない場合に限る。人は殺せない。

 

 女性の方がエレナを攻撃し、あれは正当防衛だった? いや、確かに原則第三条には自己防衛が含まれているが、これも第一条や第二条に反さない場合に限る。やはり人は殺せない。

 ならば、殺された女性が吉村に危害を加えようとしていたならどうだろうか? アンドロイドは危険を看過できない。吉村を守るために女性を殺害した? いや、これも駄目だ。女性を無力化するだけならともかく、殺害する理由とはならない。

 どれだけ推理を積み重ねても、原則第一条が邪魔をする。

 アンドロイドが人間を殺めるなど、やはり不可能なのか。

「人間を殺せるのは人間だけ……」

 まさか吉村が犯人ということはあるまい。あれは人を殺せる性質ではないし、そもそも私を呼びつける必要が無い。

 

「これは」

 

 これまでの捜査で得た情報を整理しながらキッチンを回っていると、作りかけのサラダが目についた。

「そう言えば、殺された女性はキッチンに料理を作りに来たんだったな」

 このサラダは死亡した女性が作りかけていたものなのだろう。

 仕上げにかけるつもりだったのだろうか。近くにはドレッシングが蓋が空いた状態で放置されている。種類はナッツドレッシングのようだが……。

 

「ナッツ?」

 おかしい。ナッツドレッシングが何故ここにある?

 私は真実を確かめるため、吉村の休むリビングへと駆けこんだ。

「吉村。聞きたいことがある」

「どうした、そんなに慌てて」

「確かアレルギーがあったよな?」

「ああ、俺は重度のナッツアレルギーだが」

「やっぱりか」

 頭の中のパズルのピースがはまったような気がした。これなら、前提条件から覆せるかもしれない。

 そのためには決定的な証拠を手にしなければいけない。いや、証拠はすぐそばにはある。後は確かめるだけだ。

「吉村。謎が解けた」

 吉村を引き連れ、私は再びキッチンへと戻った。

「謎が解けたって、それは本当か?」

「ああ、結論から言うと、この女性を殺害したのはエレナで間違いないだろう」

「本当か……」

 吉村の表情は絶望に沈んでいた。結論はやはり最後に言うべきだったかもしれない。

「言い方が少し悪かった。エレナは人は殺してはいない」

「どういうことだ?」

「こういうことだよ」

 私は手近にあったナイフを逆手に持ち、キッチンに横たわる女性の背中目掛けて勢いよく振り下ろした。

「滝! いったい何を――」

 吉村の制止とほぼ同時、私の振り下ろしたナイフは女性の背中を刺し、そこから数センチ引いて皮膚を裂いた。

「これを見ろ」

 ナイフで裂いた女性の皮膚からは、金属光沢のあるフレームが覗いていた。

「まさか、彼女は」

「そう、アンドロイドだよ」

 実際に中身を確かめたことで、私は確信を強めた。殺された女性がアンドロイドであったなら話は変わってくる。

「アンドロイドは人間には危害を加えることは出来ない。だが、アンドロイド相手なら話は別だ」

「……確かにその通りだが、だとしても、何故エレナはこのアンドロイドを殺した?」

「吉村を守るためだよ」

「俺を?」

 私の辿り着いた答えを、吉村へと聞かせることにした。

「まず始めに、殺されたアンドロイドは、吉村を殺すために送り込まれた刺客だと考えられる」

「俺を殺す?」

「心当たりの一つや二つあるだろ?」

「……まあな」

 吉村は政府の国防に関わる部署に務めており、若手ながら素晴らしい活躍を見せている。それ故に敵も多く、セキュリティーレベルの高い家に住んでいるのもそういった理由からだ。

「何者かの指示を受けて、このアンドロイドは君に近づき、殺害しようした。その方法というのはこれさ」

 キッチンの隅に置かれていたナッツドレッシングの容器を手に取り、吉村へと見せた。

「ナッツアレルギーの君の家にこのドレッシングがあるのはおかしい。おそらくは、死んだアンドロイドが持ち込んだものだろう」

「アナフィラキシーショックで俺を殺そうとしたわけか」

「そういうことになる」

 吉村は一歩間違えば自分が死んでいたという事実に、顔を顰めていた。

「だけど、どうしてアンドロイドは俺を殺そうとすることが出来た? 俺を殺せという命令を受けていたなら、それこそ三原則に引っかかるだろ」

「命令が吉村を殺せではなく、吉村に近づき、ナッツを使った料理を振る舞えだったらどうだい?」

「あっ」

 吉村も気づいたようだった。

「直接殺せとは命令されていないし、吉村がアレルギーだという知識が無ければ、これは危険の看過にも当たらない。このアンドロイドは吉村を殺そうとしたのではなく、ただ料理を振る舞おうとしただけなんだ」

 私の推理を聞き吉村は唖然としていた。恐らくこれは、アンドロイドを使った世界では初めての暗殺計画であろう。

「エレナは俺を守るために、このアンドロイドを撃退してくれたのか」

「ある意味ではそうなるね。その辺りの経緯にも、三原則が関わってくることになる」

 私の推理通りならば、エレナと刺客のアンドロイドは、互いに原則を順守して行動していたことになるだろう。

「この家の家事全般を任されるエレナは、当然吉村のアレルギーについても承知している。そして、刺客のアンドロイドが吉村に振る舞うサラダにナッツドレッシングをかけようとしたことは、吉村の生命の危機にあたる。エレナは原則第一条に従い、人間である吉村に及ぶ危険を看過出来ない。だから、その行為を止めさせようとした。相手が人間でない以上、容赦する必要も無いしね」

「それで、刺客のアンドロイドを殺害したと?」

「いや。この時点では、ドレッシングをかけることを止めさせるだけのつもりだっただろう。だが、ここで刺客のアンドロイドは原則第二条に従った」

「人間の命令には絶対服従」

「そう。刺客のアンドロイドは、主から受けた吉村にナッツを使った料理を振る舞うという命令を全力で果たそうとしたんだ。それを止めようとするエレナは人間ではないから、やはりこちらも容赦はしなかっただろう」

「エレナの破損の原因はそれか」

「ああ。そしてエレナは、体に損傷を負ったことで原則第三条が働いた」

「自己防衛か」

「自らの身を守るための行動を取らねばならない。相手は人間ではなくアンドロイド。遠慮はいらない。そして、エレナが導き出した結論は」

「やられる前にやる」

「そう。それこそが、今回の事件の顛末だよ」

 私の推理を聞き終え、緊張の糸が切れてしまったからだろうか? 吉村はその場にへたり込んでしまった。

「じゃあ、エレナは人間を殺してはいないんだな」

「ああ、君にもエレナにも非は無い。それは間違いないよ」

「良かった……」

 吉村に手を差し出し引き起こす。

「滝を呼んで本当に良かった。一時はどうなることかと」

「それよりも、早く警察に連絡した方がいい。君の暗殺を企てた首謀者もどこかにいるはずだしね」

「お前のおかげで、安心して警察を呼べるよ」

「説明が難しい時は私に電話を代わるといい。馴染みの刑事もいるから」

「助かるよ」

 私に向かって頭を下げると、吉村は携帯端末で最寄りの警察署への連絡を開始した。

「あら滝様。いらしていたんですか」

 廊下に出ると、奥の部屋から出て来たメイド服姿のエレナと鉢合わせた。真実を知り安心した吉村が、エレナを再起動させたようだ。

「エレナ。君は偉いな」

「わたくしは、特に褒められるようなことをした覚えはありませんが?」

 エレナはいまいち言葉の意味を飲み込めていない様子だった。それも当然だ。一連の行動はロボット工学三原則に従ったものであり、それはいわば彼女たちアンドロイドにとっての常識。当たり前のことをしただけなのに、何故褒められているのか、彼女には分からないのだ。

「それでもありがとう。君のおかげで、私は親友を喪わずにすんだ」

 

 キョトンとして首を傾げるエレナの頭を、私は撫でてやった。

 了



高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 森川智之

栗山千明 小野大輔 グループ性交
木村ガーリー 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
はめまくり!北山果歩さんは内縁の妻 おっぱいをなめる 福山雅治
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 神谷浩史
分厚いビラビラの奥へ中出し!青山亜里沙 名井南 倉木麻衣
松坂慶子 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
二宮和也 黒の下着 池田圭 Bad Moon Rising
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 高橋秀弥
石井良則 傷ついた野獣 変態玩具&集団ぶっかけ完全アクメ 板野友美
中森明菜 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
沢城美雪 巨乳ソープ嬢潜望鏡フェラ~朝桐光 田村由香里
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 川澄綾子
鼻血姫 出し飲み 爆乳奥様渡辺美羽大絶叫!フェラ&中出し
坂井の泉 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
美顔 はめたいパイパン優木あおい~大噴射! 高橋みなみ
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 浪川大輔
立ちハメ 伊東みやこ 劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい 浅田真央
大野智 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
川島奈々代 浅田真央 イアン?ゴギンズ フライト?リミット
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 山田優
岩崎ちえ 非行少年 のぞき魔3P二穴同時姦~古瀬玲 山下智久
川島奈々代 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
手かせ 中華料理 内田真礼
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 渡辺麻友
能登麻美子 萌え萌え美少女ぶっかけ生ハメ肉人形 工藤静香
篠崎愛 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
4p 生ハメ女優美月優芽~おっぱいご奉仕~ 中島美嘉
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 倉木麻衣
変態りあのペロペロフェラを見てね 菅野美穂 菅野美穂
坂本真綾 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
中村果生 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 内村航平
岩尾望 帰ってきたバスジャック 田村由香里 浪川大輔
真野恵里菜 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
可愛い妹七星くる~ゴックンフェラ いせゆみこ 岸辺の旅 竹達彩奈
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 早見沙織
悠木の碧 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
東山奈央 高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい
狂おしい程のフェラ 爆乳椎名みくる 市道真央 宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース?スクワッド 松たか子
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 花田美恵子
その他 伊藤登美子 アイ?ラヴ?ピース 中華料理
小倉 ハードコア 鈴村健一
剛毛マン毛 肉食系生ハメ美熟女昇天オナニー 松本潤
竹達彩奈 はめポケット付Tバック~音羽レオン 木村ガーリー
長瀬智也 今掛明子 太陽の法 エル?カンターレへの道 Hカップ新山かえで~フェラ三昧
豊崎愛生 爆乳美熟女黒木琴音~ごっくんフェラ~ 白石麻衣
田村由香里 石黒淳士 桃まつり presents うそ 「バーブの点滅と」 新垣結衣
林原恵美 白いパンティストーキング 宮野真守
イアイン?マクリーン ウイスキーと2人の花嫁 柴咲コウ 喜多村の雄
金城武 スカートの中を覗き見 深田恭子
高橋秀弥 爆乳好色妻逢沢はるか~ごっくんフェラ アナル挿入
バックファック 中華料理 滝沢秀明
口にフィンガリング 白石麻衣 金城武
杉田智和 いずみさえか 輪廻(2005) 金城武
斎藤鳥 池田直樹 田吾作どんのいる村 田中理恵
中で発射 秋元才加 日笠陽子
柏原崇 岩井七世 この世界の(さらにいくつもの)片隅に フェラ
生ハメギャル新井れな~美尻アクメ 錦戸亮 坂井の泉
イリニ?ブユーカル ツァンコの腕時計(仮題) Gカップセクシー熟女秋野千尋登場! 豊崎愛生
福原愛 美少女ねっとりフェラ&中出し 斎藤彩 飯田一期 キャプテントキオ