Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

中村果生 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター

中村果生 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター

第1話-1『俺と彼女の出会い』 - 姿のないジャバウォック(ロリバス) - カクヨム

――これは、俺の日常が壊れる話だ。

 強引に引っ張られ、俺の身体は埃っぽい板張りの床に叩きつけられた。

 年季を感じさせる旧校舎はの床は人が動くたびにギシギシと軋む。そのうち穴があくのではないかと心配になってくる。

 

「へらへらしてんじゃねえよ!」

 俺を床に叩きつけたのは茶髪の不良だ。

 彼は何が気に食わないのか、倒れている俺の腹を蹴りつけてくる。

 とっさに防ごうとするが、両手両足がガムテープで縛られているとさすがに何もできない。

 腹を襲う衝撃。喉の奥から何かがこみ上げてくるが、せめて吐かないようにと必死に飲み込む。

 俺を蹴っている不良以外には取り巻きが数人。もだえ苦しむ俺を見てゲラゲラと笑っている。

 木造の校舎でタバコを吸っているのは流石にどうかと思う。火事になったらどうしてくれるのか。

 つまり、俺はなぜだかこいつらに目をつけられていて、現在リンチされている、ということだ。

 理由はなんだろう。特に目立つようなことをした覚えもない、ましてやこいつらの機嫌を損ねた覚えなど全く無い。

 おそらく、事故のようなものなのだと思う。

 彼らはサンドバッグが欲しくて、ちょうど殴っても問題ないところに俺が居た。それ以上の理由なんてないのだと、そう思う。

 

「おいおい、こいつしけてんなー」

 いつの間に抜き取ったのか、不良の一人が俺のポケットから財布を抜き出していた。

 不運なことに、今日は財布の中に一万円札が。

 人の大事な金を何だと思っているのかと文句を言いたくなったが、口を開いてみると苦しそうな息しかもれなかった。

 不良はいやらしい笑いを浮かべて俺を見下ろすと、これみよがしに自分のポケットに一万円札を突っ込んだ。

「まー、臨時収入もあったことだし?これからどっか行きましょうや」

「おう、そうっすか。じゃあ、お前。明日休んだりすんなよ。分かってんな?」

 何を分かれというのか良くわからない台詞を残し、不良たちはガヤガヤと雑談しながら去っていった。無論、俺の手足は縛られたままだ。

 板張りの床はひんやりとしていて、十一月の寒さと共に俺の体温を奪っていく。

 冷気とは別のいやな感覚が俺の背筋をなぞる。

 縛られた手足と痛む身体のせいでろくに動くことはできない。

 そうしている間にも体温は床と空気に奪われていく。手足がかじかみ、どんどん動かなくなっていく。

 旧校舎にはめったに人が来ない。鍵は壊れているから誰でも入れるが、旧校舎に用があるのなんてそれこそ他の人に見られないように気に入らない奴をリンチするときだけだ。

 警備の人が見回りに来てくれるだろうか?それは何時間後のことだろう。来てくれたとして、うまく俺を見つけてくれるだろうか?

 積もった不安は恐怖へと変わっていく。もしかしたら死ぬかもしれない。

 なんで俺がこんな目に合うんだろう。

 よくある理不尽だということはわかる。でも、納得はできない。

 格好良かったり、力が強かったり、クラスの人気者だったり、そういうものがあれば俺だってこんな目に合わなかったのかもしれない。

 でも、俺には何もなかった。

 俺と同じように平凡な奴らの大多数は日々平和に暮らしているはずだ。

 でも、俺は貧乏くじを引かされたのだ。

 

「畜生……」

 涙が出てくる。怖いし、悔しい。流れた涙は顔と床を濡らし、冷えてまた体温を奪っていく。それでも、こぼれ落ちる涙は止まらない。

 そのままどれほど時間がたっただろうか。長い間そうして居た気もするし、大して時間が経っていないような気もする。

 かすかにだが、足音が聞こえてきた。

 助かった。というのが最初に覚えた感想だった。

 あいつらが戻ってきたのでさえなければ、手足を縛るガムテープを剥がしてもらうことが出来る。

 そのためにはまず気づいてもらわなければならない。

 震える身体に力を入れて、精一杯、声を出そうとする。

「誰かー!」

 足音は大きくなっていく。気づいてくれたんだろうか。もう一度、声をだすため、息を吸い込む。

 吸い込んだ息を声に変える前に、教室の扉が音を立てて突き破られた。

 教室に飛び込んできたのは人型の影だ。

 身長は2mほどだろうか。人型、と表現したのは明らかに人間ではないからだ。

 夕日で照らしだされた身体には全身にびっしりと黒々とした体毛が生えている。

 脚に生えた太い爪は木の床をえぐり突き立てられている。手に生えている鋭い爪から滴る液体は血だろうか。

 恐る恐る見上げると、そこには狼の顔があった。

 二足歩行する狼、まさに狼男としか言いようのない生き物がそこには居た。

 非現実的な光景に理解が追いつかない。きっと今、俺は呆けた顔をしているだろう。

 狼男と目があう。感情を読むことができない眼。身体がすくむ。さっきまであれだけ声を出そうとしていたのに、今は悲鳴すら口からもれない。 

 混乱している俺へと、狼男は低い唸り声をあげて向き直る。

 一歩ずつ、ゆっくりと狼男が俺に近づいてくる。足の爪が木の床をえぐり、手の爪からは血が滴り落ちる。

 迫り来る恐怖を前に、手足が動かせない俺はイモムシのように無様に這って逃げようとする。

 身体は一向に進まない、狼男はどんどん近づいてくる。聞こえてくる足音が大きくなる、荒い息遣いはもう耳元から聞こえてくるようだ。

「逃げるなんて酷いじゃないか。先に仕掛けて来たのは君だろう」

 誰かから声をかけられて、狼男の足が止まる。

 ドアから誰か入ってきたのだろうか。声からすると女性だろうが、狼男の身体に遮られて俺からは見えない。

 狼男が吠えた。さっきまでの唸り声とは比較にならない。本能的な恐怖を呼び起こす、野生の暴力。

 狼の足が床をける。木の床が爆ぜ、狼男はドアのところにいる誰かへと向かって飛びかかっていく。

 黒い風の様になった狼男の姿と、ドアのところに居る誰かがすれ違った。

 そこに居たのはブレザー姿の少女だった。あれはうちの学校の制服だ。スカーフは俺と同じ二年生の紺色。だが、あんな美しい少女は見たことがない。

 位置的には狼男の身体がぶつかったはずだ。なのに、少女の姿は揺らいでいない。そよ風でも通り抜けたかのように、ただ黒い長髪だけがふわりと舞っていた。

 少女をとすれ違った狼男は慣性のままに進むと、突然糸の切れたマリオネットのように崩れ落ちた。

 立ち上がる気配はない。少しして、狼男の身体の下に赤い血溜まりが出来始めた。

 

「最期の悪あがきだけはいただけないが、それ以外はまあまあ良かったよ……おや?」

 倒れた狼男を見下ろしていた少女はそこで俺に気づいたのだろう。

 こちらを見ると、ぽりぽりと頬を掻き困ったような表情になった。

「あー、しまったなあ。あまり見られたくはなかったんだが」

 

 頬を掻いたせいで、彼女の美しい顔には血がついていた。

 涼し気な美貌に惹かれた数本の真っ赤な線を見て、まるで古代の戦化粧のようだ、などと思った。

 頬を掻いた彼女の手は血で染まっている。五本の指には、狼の太い爪などとは比べ物にならない、ナイフのように鋭利な爪が生えている。

「まあ、君。そういうわけなんだが」

 突然、顔のすぐ近くで声が聞こえた。

 彼女が、目の前に居た。

 首を掴む感触。彼女の爪が俺の首を掴んでいる。

 肌に触れる液体の感触が、彼女の爪に元々ついていたものか、それとも彼女の爪が俺の首を傷つけて流れだしたものかはわからない。

 俺と彼女の間には距離があったはずだ。少なくとも、こんな一瞬で首をつかめるような距離ではなかったはずだ。

 なのに、俺は彼女に首を掴まれている。彼女が少しでも力を入れれば、俺の首はズタズタになるだろう。

 悲鳴を漏らすような体力が残っていなかったのは幸いだった。下手に叫んだりしようとすれば彼女の爪は俺の首を掻き切っていただろう。

「すまないね。最期に何かあれば、聞くだけ聞くけど」

 彼女の目が俺を覗く。赤と黒の混じった虹彩。

 狼男と、目の前の少女。ひどく現実感の希薄な光景に晒された俺の口からは、驚くほどに単純な言葉がこぼれ落ちた。

「……綺麗だ」

 素直な感想だった。

 狼男と交差するときの、優雅に舞う彼女の姿が。

 俺より頭一つ分小さな彼女に生えた鋭い爪が。

 目の前にある、血で彩られた彼女の顔が。

 ただ、悪夢のように現実感のない光景の中で、それだけはただ、素直に美しいと思えた。

「……この状況で、いうことがそれか?」

 俺の言葉が以外だったのか、彼女は毒気を抜かれたようにくっくっと笑った。

 

「正直……何がなんだか。何を言えばいいか、良く分からない」

「まあ、それならそれで構わないさ。君が見たのは悪い夢だ。目を覚ましたら忘れるといい」

 気でも変わったのか、彼女の爪が俺の首を離した。

 血は付いているが、傷はない。首を濡らしていた感触は彼女の爪についた返り血だったようだ。

 何がおかしいのか彼女は未だに小さく笑っている。少女らしい可愛げのある笑い方と、先程まで俺の命を掴んでいた物騒な爪がひどくミスマッチだ。

 

「いや、とてもじゃないけど、忘れられそうにない」

「そんなに私は綺麗だったかな?」

 俺が素直に頷くと、彼女は困ったような笑顔を浮かべた。

「ふむ、どうにもこういうのは駄目だな……まあいい。君、私は君を逃がすことにした。今日のことが外にもれなければ、君を生かしておいても特に問題はないしね。だから、今日見たことは誰にも言わないでくれよ。もっとも、言ったところで誰も信じないだろうが」

 彼女の言葉と共に、段々と、俺の視界が揺れている。

 彼女の姿がぼやけていく、世界が暗くなる。きっと彼女に何かをされたのだろう。俺の意識が遠のいていく。

「それじゃあね。もしかしたら、また会う機会もあるかもしれないけれど」

 去っていく彼女に追いすがろうとしたが、身体が上手く動かない。

 その言葉を最後に、俺の意識は暗闇へと落ちていった。

―――――

 寒さのあまりに目を覚ますと、俺は旧校舎の一室に居た。

 手足を縛るガムテープはなくなっている。壊れたはずの教室のドアも、えぐれたはずの板張りの床も、倒れているはずの狼男も、そして彼女も居ない。

 常識的に考えれば、あれは夢だったのだろう。

 だってそうじゃないとおかしいじゃないか。

 狼男も、血に塗れた美しい少女も、俺の平凡な人生にはあまりにも不釣り合いだ。

 俺は運悪く不良に絡まれていて、明日からも憂鬱な日々が始まる。そっちの方がよっぽど平凡な俺にはふさわしい。

 でも

 目の前を通った非日常の影を、俺は手放したくなかった。

 不良に絡まれて感じる命の危機なんて惨めなものより、彼女の爪で首を掴まれた瞬間の方がよっぽどワクワクした。

「忘れてなんて、やるもんか」

 言葉にすると、決意はすんなりと俺の胸に染み込んだ。

「もう一度、彼女と会う」

――これは、俺の日常が壊れる話だ。

――そして、俺が非日常へと足を踏み入れる話なのだ。 



 中村果生 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール	シークレット?オブ?モンスター

4p乱交 Eleanor Hancock 恋心の女 篠田麻里子
智一を関す スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
ぶっかけ変態プレイ~波多野結衣 手で 南條愛乃
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 石原里美
藤井リナ 豊崎愛生 犾舘峻平 ふとめの国のありす
鼻血姫 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
柿原徹也 フェラ抜きしちゃうぞ!音羽かなで 友田彩也香
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 詩雅まで
小清水亜美 パイパンバレリーナ連続中だし!麻宮玲 素朴な美しさ
水瀬祈願 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
張本智と Ol Edwin Forsberg 地獄のローマンス
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 小倉唯
グループフェラ~愛梨&妊婦あみ 井上尚子 十年愛 神谷浩史
涼太を送る スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
今井茂人 劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ はめたい爆乳伊東カンナ~強制アクメ 前田敦子
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 李香蘭
小野リサ 宮沢理恵 生部麻依子 ミスター?ルーキー
玉木宏 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
倉木麻衣 パイパンアナル3Pグループファック! 平野綾
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 中華料理
張形 生ハメバツイチ美熟女強制玩具責め! 高倉健
平野綾 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
安室奈美恵 篠崎愛 イヴァン?モスワン サン?ピエールの生命(いのち)
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 小清水亜美
生ハメパイパン黒髪美少女椎名みゆ 小さい乳首 東山奈央
林原恵美 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
グループ 鼻血姫 指原莉乃
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 藤井リナ
細谷佳正 はめたいのでカムバック!真田春香 石岡瑛子 白雪姫と鏡の女王
高橋さん スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
セクシードレス 中山美穂 釘宮理恵
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 田中理恵
井上和行 裸の大将放浪記 割れ目ぱっくり 李香蘭
松たか子 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
沢城美雪 あいりみく ローション&ご奉仕フェラ ちっぱい
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 中島美雪
美形OL宮澤ケイトの赤裸々な欲望 潮吹き 秋元才加
酒井法子 スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター
おっぱいに発射 変態自画撮り昇天オナニー&ぶっかけ! 内村航平
スレンダー生ハメ夏ガール~浅野恋 イシュトバーン?マヨール シークレット?オブ?モンスター 能登麻美子
イ?ジュンホ ノーボーイズ,ノークライ 内田有紀 福山潤
飯塚和紀 曽根崎心中(1978) はめたい神乳秋川ルイ~ディルドー編 橋本環奈
川澄綾子 セクシーなメイド 生ハメアスリート君野ゆめ~大噴射!
反町隆史 岩田力 ルート225 堀江由衣
ちっちゃなデリヘル嬢のご奉仕フェラ セクシードレス 反町隆史
柴咲コウ 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
小悪魔真野ゆりあ~デカマラフェラ~ 手擦り 中島美雪
玉舐め 佐々木希 戸松遥
小野大輔 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
初剃毛式でグループフェラ 美咲ひな 石田泰子 フーリガン 大野智
ご奉仕フェラで口内射精~水樹りさ 池宗清史 youth 花沢香菜
中山の忍 黒の下着 芦田愛菜
グループ Edna Shipman 恐怖の瞬間 智一を関す
セクシーなスチュワーデス 極上スレンダーボディKEIと3P 羽生結弦
錦織圭 パイずり 生ハメギャルみなみ愛梨~見せ付けオナニー
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 森川智之
石垣哲 夜間もやってる保育園 バイブ&電マで悶え狂い はめたい沙藤ユリ 渡辺麻友
上林誠知 Enid Jaynes 酋長ジェロニモ 乱交
坂井の泉 マッサージ 北島康介
浪川大輔 イジー?シェヴチィーク カニ 詩雅まで