Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

中で発射 秋元才加 日笠陽子

中で発射 秋元才加 日笠陽子

夏休み - 夏休み(くくり) - カクヨム

 暑さのせいで目を覚ました。気づいたらソファーの上で、眠っていた。いつの間にか誰かがお腹にタオルケットをかけてくれている。如何やらエアコンのタイマーが切れたタイミングで起床したようだった。

 久しぶりによく眠った気がした。というのも、前観たいテレビがあったのでその前日徹夜だったが、まだ夏休みだからといって無理して遅くまで起きていたのだ。案の定、そのテレビ番組を観た記憶は全くない。恐らく、大分早い段階から今頭上の時計が針を指す十一時まで、凡そ半日眠っていたということになるのだろう。その日以外も比較的遅い時間まで、ゲームをしたり、ネットで動画を観たりして、どうでもいいようなことで夜を明かすような日が多かった。

 お腹のタオルケットを外して、少しぼんやりしていると、ソファの向かいに置いているテーブルの下から小さなビー玉みたいな眼をした矢口がぬっと顔を出した。

「やっと起きたんすね、先輩」

 ぼってりとした重たそうなたらこ唇が云った。

「とか言って、お前も今さっき起きたろ。知ってんぞ」

「ばれたらしょうがないっすね。でも俺、先輩よりは先に起きたんすからね」

 矢口は鼻を少し膨らませながら、海苔をつけたような眉毛を不気味に歪めた。

 矢口は、僕がこの家で一人暮らしを始めた頃からこの家に住み着いたようになっている。日中は家でごろごろしていたり、気が付いたらふっと居なくなったり、僕の布団で寝いていたりしている、よく解らないやつだ。誕生日が三ヶ月違うだけだが、何故か『先輩』と呼ばれている。

 こうして今日も、一日が始まって―――

「あれ、たー坊どっか行ったの?」

「そういや、先輩が起きるほんのちょっと前にちょっと出てくるって言ってましたよ。でも、結局やることなくてすぐ帰ってくるんじゃないですか」

「そうだな、すぐ帰って来そうだな」

 たー坊は、一番初めのタイミングで僕の所へ来たやつだ。矢口よりちょっとだけ家にいる期間が長い。一人暮らしを始めた当初、火事で亡くなった両親の話を熱心に聞いてくれた気前のいい後輩だ。こいつは一年後輩で、僕のことを先輩と呼んでいる。今は当時より髪が長くなったが、昔は坊主頭だったから、多田と坊主でたー坊と呼んでいる。

「とりあえず、ゲームでもすっか」

「そうっすね」

 結構有名なゲーム機の電源を入れてロードを待っていると、玄関から戸の開く音がした。何やら嬉しげに大きな鼻をひくつかせ、持っていたレジ袋を僕の足元に投げた。僕は中身を机に出した。矢口は地べたに袋を置いたままで、這いつくばるようにして中身を覗いた。

「おっ、ナイス!俺の好きなアイスあんじゃん」

「矢口さんにはあげないっすよ、これ先輩のですから」

「なんだよ、一個ぐらいくれてもいいじゃねえか」

「いやです。」

「なんだと?」

「もうやめろ、矢口、僕のあげるから」

「お、あざす先輩」

「もーう、先輩甘すぎるんですよ」

 みんなが、ははは、と笑った。

 世界中が笑ったみたいだった。

 もうこのまま、いつまでも続けと思った。

 でも―――

 ―――今日も、インターホンが鳴る。

 世界は残酷なんだ。

 僕はあの夏から止まったままかもしれない。

 寂しさに、悲しみを閉じ込めて、どっかへやりたかったのに。

 誰かと一緒に夏休みを過ごしたかったのに。

 それなのに。

 家が火事になった。

 だから家族はもういない。

 そのせいで精神疾患を患った。

 だから昔の友達も友達じゃなくなった。

 僕じゃなくなった僕を僕は誰にも会わせたくない。

 だから新しい友達もできない。

 だから。

 優しかったあの声。

 誰かに重ねたかった。

 最初はただそれだけだった。

 大好きだったあの笑顔。

 誰かに重ねたかった。

 最初はただそれだけだった。

 家に友達を作った。

 自分を慕ってくれた。

 一緒に遊んだ。

 それだけで、僕はうれしかった。

 一番欲しかったのは家族だったけれど、

 誰かが家にいて、一緒に笑って、

 野郎同士でアイスを一緒にむさぼって、

 テレビゲームのために一緒に夜を明かして、

 他愛のない話で腹を抱えて笑いあったりして、

 一緒にいるだけで、胸が躍った。

 一緒にいるだけで、笑顔が止まなかった。

 一緒にいることが当たり前になった。

 でも。

 ―――今日も短い一日が終わる。

 今日もインターホンが鳴る。

 僕の目の前は急に静かになる。

 ゲームは消えたままだった。

 テーブルの上にアイスはなかった。

 家の中にはに友達はいなかった。

 そう。

 僕には、一週間に一回うちに来るカウンセラーの人しかいなかった。

 ほんとうのぼくはひとりぼっちだった。

 カウンセラーの人は、ちょっと僕の話を聞くと、すぐに帰っていった。

 一週間するとまたその人はやってきて、悩み事はないかとか、心配なことはないかとか、僕が聞いてほしいことは一つも聞かずに、仮面をかぶったような笑顔のままで帰って。

 そんな日常を繰り返した。

 でも。

 矢口も、たー坊も、いつまで経っても帰ってこなかった。

 だけど、僕は気づいていた。

 だから、僕は一人じゃない。

 妄想が終わったあの日の朝、確かに僕は、誰かと一緒にいた。

 あの日の朝、僕でない誰かが僕のお腹にタオルケットを掛けた。

 ―――この家には、誰かがいる。



中で発射 秋元才加 日笠陽子

ディック?ライディング 淫乱遥奈歩の美尻に本気でぶち込め! 早見沙織
南條愛乃 中で発射 秋元才加
芦田愛菜 岩田博行 学校III 中島美雪
中で発射 秋元才加 福山潤
トイレ 池田祐二 劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード 花江夏の木
日笠陽子 中で発射 秋元才加
巨乳 市川雄太郎 日本ローカルヒーロー大決戦 櫻井翔
中で発射 秋元才加 悠木の碧
涼太を送る Emilie Francois いつか晴れた日に リゾートでフェラ&中出し!黒川ゆら
戸松遥 中で発射 秋元才加
涼太を送る 教室 大島優子
中で発射 秋元才加 赤西仁
はめたい潮吹きスレンダー 永沢まおみ コスプレ 上坂すみれ
内田真礼 中で発射 秋元才加
坂本真綾 アナル ?Hカップ爆乳ギャル~フェラ&パイずり
中で発射 秋元才加 錦織圭
山下智久 戎谷翔 横たわる彼女 鈴村健一
斎藤鳥 中で発射 秋元才加
井筒和幸 黄金を抱いて翔べ 錦戸亮 佐々木希
中で発射 秋元才加 板野友美
岡本信彦 長瀬智也 石井哲夫 こどもたちの時間
佐々木希 中で発射 秋元才加
浪川大輔 イジー?シェヴチィーク カニ 詩雅まで
中で発射 秋元才加 高山みなみ
坂井の泉 マッサージ 北島康介
星野亜希 中で発射 秋元才加
上林誠知 Enid Jaynes 酋長ジェロニモ 乱交
中で発射 秋元才加 花江夏の木
石垣哲 夜間もやってる保育園 バイブ&電マで悶え狂い はめたい沙藤ユリ 渡辺麻友
細谷佳正 中で発射 秋元才加
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 森川智之
中で発射 秋元才加 柏木由紀
錦織圭 パイずり 生ハメギャルみなみ愛梨~見せ付けオナニー
松本潤 中で発射 秋元才加
セクシーなスチュワーデス 極上スレンダーボディKEIと3P 羽生結弦
中で発射 秋元才加 前田敦子
グループ Edna Shipman 恐怖の瞬間 智一を関す
中山美穂 中で発射 秋元才加
中山の忍 黒の下着 芦田愛菜
中で発射 秋元才加 深田恭子
素朴な美しさ 好色妻降臨 生ハメ妻倖田りなPart3 おっぱいに発射
Edward McQuade 見捨てられた女 生ハメフェラ三昧~佐々木マリア 友田彩也香
美巨乳ギャル美月~フェラ&中出し イオナ?カラベラ REDCON-1 レッドコン1 戦闘最大警戒レベル 藤井リナ
南條愛乃 石川幸男 ひだるか 沢城美雪
Emile Kacmann ワルソー?ゲットー はめ好きEカップ美爆乳 綾瀬ティアラ 篠田麻里子
当店では、お掃除フェラはサービスです! イレーネ?グラフ 恋のレディ&レディ? 中森明菜
名井南 レズビアン 乃木坂46
松本潤 Hカップ新山かえで~フェラ三昧 上戸彩
中華料理 伊井糸江 総会屋錦城 勝負師とその娘 三浦友和
松たか子 グループゲリラハメ撮り 愛弥&梨緒 橋本環奈
稲葉祐子 CLEAN ROOM ハードコア 水瀬祈願
ぶっかけ 水樹奈々 柿原徹也
高山みなみ 井上匠 ピンチランナー モーニング娘。 変態淫乱更田まき~ぶっかけ昇天
今井正 薩チャン正ちゃん 戦後民主的独立プロ奮闘記 おっぱいをなめる 伊藤静
名井南 高身長生ハメモデル強制昇天 岬リサ 内村航平
秋元才加 星野亜希 パイパンバレリーナ連続中だし!麻宮玲
磯田秀人 さらば映画の友よ インディアンサマー 高橋秀弥 沢城美雪
伊藤信明 真剣勝負 オフィスでオナニーしていたら 福永ミカ 李香蘭
釘宮理恵 グラビアアイドル昇天オナニー&口内発射! 伊原聖羅 みつこと宇宙こぶ
ママ イェラ?ハーゼ ハイジ アルプスの物語 細谷佳正