Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

悠木の碧 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希

悠木の碧 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希

第1話 佐森君は高校の始業式に参加したことがない - 佐森君は〇〇したことがない【2年・3年編とその他】(真壁 大翔) - カクヨム

 当たり前のこと・わかりきったことという意味のことわざで、″雨の降る日は天気が悪い″という言葉がある。雨が降ったその日の天気は、当然の如く天気は悪いものである。という意味だ。

 高校のみならず、学生としては、それぞれで行われる学校行事に参加することはごくごく当たり前のことである。

 文化祭しかり、体育祭しかり、むしろ参加することを不思議だと思う者は恐らくいないだろう。

 本人の意思に関係無く、誰もが参加している当たり前のことといえば、始業式・終業式だ。

 学期の初めと終わりを締めくくる為の行事。「始業式? 終業式? ハンッ、そんなの休むに決まってんだろ!」などと言おうものなら、友人から「さすがにそれは出ておいた方が」と、止められることはわかりきったことだともとれる。

 しかし佐森君、されど佐森君、彼は高校生となってから、始業式に未参加なのだ。

 近頃では活発に動くようになってきた彼も、長期的な休み明けにある始業式には、休みモードが抜けきらないことで、休むことの一択でしかなかったのだ。

 遅刻をしない、めったに休まない佐森君の、学校側の印象として残る唯一の落度・欠落した部分だった。

 「ふわぁ……ねみぃ」

 格闘家の拳くらいの大きなあくびをした晃。

 「また随分なクマができてるね。また晃は、深夜アニメを観過ぎたのかな?」

 「いや、単に休みモードから抜けなくて。2年になって早々、気分は萎えてるよ」

 2年1組の新たなる教室。違うクラスの友達と一緒のクラスになれてウキウキしている他のクラスメイトとは、あくびが度々起きる正反対な晃の様であった。

 「紅花、実さんは?」

 「多分有志で、始業式の会場準備の手伝いだったんじゃないかな」

 麗香は、たまにバカ真面目な性格になる時がある。

 「……佐森君は、やっぱり――――」

 「あぁ。この分だと、今日もまた休みだろうな。ホント、あやつの睡眠力は尊敬に値するってもんだぜ、ある意味」

 そんな会話の終わりに、バンッ! という強引に教室の扉を開けた様な大きな音がした。周囲からは、「シルバーバックのゴリラでも入って来たのか?」と囁かれるが、外にいるのは無論ゴリラではない。

 「あ……ま、実さん? どったの?」

 「二十六木君……。いや、大したことじゃないの。始業式の準備をメガパワーで急いで終わらしただけだから」

 昇降口入り口に張り出された、新学年のクラス発表の紙。新しいクラスに誰がいるのか、「友達と一緒のクラスになれたら嬉しいな~」なんて妄想をしながら、麗香はそのワクワクを圧し殺す様に始業式の準備を進めた。

 佐森君とは大方違った理由で教師からの信頼が厚く、その信頼度が増したが、餅つき大会で目の当たりにしたどこか見覚えのある彼のとほぼ違わない姿に、晃は励ましの言葉の前にクスリと笑いがこぼれる。

 「晃、何笑ってんの? 他人(ひと)の頑張ってた姿見て」

 「いやいや、そんなこと。でも、何かデジャヴみたいでな。笑いかけたのは、認めるけど」

 どこまでも、笑ったことを認めない晃だった。

 「で、でも良かったよな! こうしてまた4人で一緒のクラスになれるなんてよ!」

 「……そうだね」

 無意識的に本音を隠しているつもりでいた紅花は、今もまた無意識的に本音を出してしまった。

 「そうだなそうだよな! ハッハッハッハッ!」

 「何よ。というか、頭ポンポン叩かないでくれる?」

 麗香は「?」と頭を傾け、晃は事を察したことで紅花の頭をそれなりにちゃんと加減して叩いていた。

 「ねぇ二十六木君」

 「どないかしはりましたか、実さん?」

 「ここでわざわざ、晃が関西弁言う必要あるの? (ね〇み男みたい……)」

 歯を出し、手を擦り合わせて媚びる姿勢の晃の小ボケを、麗香は気にすらせず話を切り出す。

 「4人ってことは、佐森君もいるのよね? 彼の姿が見当たらないんだけど」

 「あーほら、アイツいつも始業式の日は休みだろ。なんだかんだ色々成長したとはいえ、自分自身の眠気には、まだ抗えてないみたいでね」

 「そういえば……そうだったね。人数確認の時、いつもいなかったっけ」

 そう言い終わった麗香も、自身の疲労に抗うことができず、ふと深呼吸をした。

 「おいおい大丈夫か? 新しいクラスを知りたいだけで無理して、そのまま倒れたりすんじゃねーぞ」

 「そうだよね。佐森君みたいに、の~んびりとまではいかなくても、少しはまったりしなよ、麗香っ」

 病に犯されてはいないのに、晃と紅花に過保護な心配をされる麗香だった。

 「そろそろ始業式始まるぞ~。体育館に移動してくれ~」

 2年の担任も、去年より頭がツルツルした? と噂される国語担当の山代先生だ。

 「また山代先生だな~。あの人の授業分かりやすいから、サボってもテストは心配いらねぇんだよな」

 「晃、それでテスト私より悪かったら、一生ウチの駄菓子屋の出入り禁止にするからね」

 「こ、紅花、こんなのジョークだっつーの。授業くらい、真面目に受けるさ。普通の人間じゃない佐森みたいには、俺はいかないからな」

 紅花のわかりにくいボケを理解できたのは当事者と麗香のみで、晃は本気で「ヤバい」と思ったようだ。

 「そ、そ、そーんなことよりー、は、早く行こーぜ」

 「冗談だったのに。動揺しすぎでしょ」

 「紅花の冗談を真に受けるなんて、案外二十六木君も単純なんだね」

 「た、単純じゃねぇよ!」

 親しみのある新しい環境。

 新学年となり気持ちも高ぶる中、校長先生の恒例の、新学年を迎えた生徒諸君に向けた長~いお話も無事終わる。公に、新任教師の紹介や担任等も紹介され、始業式は滞りなく順調に進んでいった。

 帰りのHRも終わり、校門には帰宅する生徒が大勢いる。外の景色は桜の木が満開に咲き、春独特のおにゅーな空気がある。新鮮さがあり、道を歩く人の気分は健やかだ。

 「スー……ハー……。春は気持ち良いな~」

 「アタシこの空気、結構好きなのよね」

 「私も。気分が自然と乗っちゃうよね」

 雲っていた晃の内面は晴れ、3人は始業式から戻って来た教室の窓を開けて、何度も深呼吸した。

 「あー早く修学旅行行きてーなー」

 「楽しみだよねー。 去年とかはどこ行ったのかな?」

 「群馬の……どこかの高原にスキーに行ったらしいよ。今年もやるつもりだけど、去年の委員会でアタシ聞いたんだ。詳しくは知らないけど」

 麗香は去年に引き続き、今年も委員長に立候補するつもりでいる。ただ、去年思い描いた意識とは少し異なり、委員長よりも良い長としての責務を果たそうとしているのも、3割程はあったりする……らしい。

 「二十六木君、紅花、皆も帰ってるし、そろそろ帰ろっか」

 「そうだな。この景観にはおさらばして、んで早く帰って寝て、今日の疲れを癒したいぜ~」

 「晃って、今日は何か佐森君みたいだよね」

 今日1日だけは改名して、佐森(さもり)晃(あきら)になっていた。

 それからは、いつもより早めに帰宅―――できるはずだった(晃を除き、紅花と麗香は帰宅した)。

 この日の放課後、晃はある用件を頼まれる。

 「……よっこらせっと。(やたら重いな、この段ボール)」

 始業式も終わり早めに帰ることができるはずのだったが、始業式終わりのHRの委員決めにおいて、晃は保健委員になる。すると早速仕事が舞い込んだ。

 保健の一色先生に備品の整理を頼まれ、今は、指定された段ボールを別の教室へと運ぶ途中である。

 何が入っているのか、晃は中を見てはいないが、かさばること無く新品同様の段ボールなだけに、疑いは必然だった。

 (とりま早く運ぶか)

 その後も、同じくらいの2つの段ボールを運ぶ。運び終えた帰り、晃はやや腰を痛めた。

 「先生、終わりましたよ」

 保健室に入り、彼なりの重労働ミッションを遂行した口調は、どこか怒りの念が込められたものだった。

 「はいはい、ご苦労さん。色々たて込んでて、荷物運ぶの忘れてたから。二十六木君が保健委員になったって聞いて、すぐ頼もうと思ったの」

 「じゃあ、他の人だったら、頼んでなかったんですか?」

 「そうねぇ……うん、そうなるわね」

 言い返すことも面倒になり、ここだけは佐森君の性さがにそっくりだった。

 「じゃあお詫びとしてコーヒー、飲む?」

 「頂きます! ミルクは多めで」

 「甘党なのね」

 晃は即答し、ほんのり甘々なミルクコーヒーを要望した。

 「新しいクラスはどうだった?」

 「良いんじゃないかな、と。いつもの4人とまた一緒のクラスにもなれましたし、2年でもまた楽しくやれそうッスよ」

 「……そう。良かった」

 まただ。

 前にもこんな経験したという、頭のどこかにある記憶が、一色先生の様子を見て晃は感じ取った。どこでどう思ったのか、どう感じどう考えたのか。きっかけは、あの餅つき大会の時だ。

 何かある。

 晃は、一色先生にこう問いかけた。

 「何か最近、変なんですよね」

 「……何が?」

 「佐森も一色先生も、何か隠してるっつーか、様子が変なんですよ。一色先生については今思ったことッスけど、佐森は特に、行動や言動が怪しいんですよ。秘密にしている何かがありそうで。俺らに言えないことでも、あるんですか?」

 佐森君と真反対な、明るく妖艶な一色先生の表情と口元から、笑いの感情が消えた。晃の勘は、鋭かった。

 「名探偵並の勘の良さね。普通おかしいと思っても、暫くはじっくり考えるものよ」

 「ってことは、やっぱ何か隠してるんですね? 俺とか、紅花や麗香に言えない何かが」

 「……そうよ」

 違うかもしれない恐怖もあった。ただ、逆に確信もあった。

 あの時の帰り道、セバスからの電話を終わった直後の佐森君の言動が、喉の奥に妙に引っかかった。

 自宅に帰った夜、晃なりにじっくり考えていたのだ。隠していること、そのことについての何かはわからないが、必ず何か裏がある。

 ″もしかしたら、3人には言えない重要なことを、佐森は言わなかったのではないか″

 この結論に至るまでも時間がかかったが、最後まで決定的な結論を出せず、始業式を迎えた。

 しかし今日、その秘密の全てが明らかになろうとしていた。

 「二十六木君、実はね――――」

 「――――……!!」



 悠木の碧 石田満美	ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希

柿原徹也 フェラ抜きしちゃうぞ!音羽かなで 友田彩也香
大野智 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
小清水亜美 パイパンバレリーナ連続中だし!麻宮玲 素朴な美しさ
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 山田優
張本智と Ol Edwin Forsberg 地獄のローマンス
川島奈々代 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
グループフェラ~愛梨&妊婦あみ 井上尚子 十年愛 神谷浩史
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 渡辺麻友
今井茂人 劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ はめたい爆乳伊東カンナ~強制アクメ 前田敦子
篠崎愛 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
小野リサ 宮沢理恵 生部麻依子 ミスター?ルーキー
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 倉木麻衣
倉木麻衣 パイパンアナル3Pグループファック! 平野綾
坂本真綾 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
張形 生ハメバツイチ美熟女強制玩具責め! 高倉健
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 内村航平
安室奈美恵 篠崎愛 イヴァン?モスワン サン?ピエールの生命(いのち)
真野恵里菜 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
生ハメパイパン黒髪美少女椎名みゆ 小さい乳首 東山奈央
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 早見沙織
グループ 鼻血姫 指原莉乃
東山奈央 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
細谷佳正 はめたいのでカムバック!真田春香 石岡瑛子 白雪姫と鏡の女王
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 花田美恵子
セクシードレス 中山美穂 釘宮理恵
長瀬智也 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
井上和行 裸の大将放浪記 割れ目ぱっくり 李香蘭
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 張本智と
沢城美雪 あいりみく ローション&ご奉仕フェラ ちっぱい
木村拓哉 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
美形OL宮澤ケイトの赤裸々な欲望 潮吹き 秋元才加
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 滝沢秀明
おっぱいに発射 変態自画撮り昇天オナニー&ぶっかけ! 内村航平
名井南 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
伊藤静 伊藤智子 六本木の夜 愛して愛して 175cm高身長モデルの圧巻痴女プレイ
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 堀江由衣
井口奈巳 ワンピース忠臣蔵 ランジェリー 高山みなみ
豊崎愛生 石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希
激萌えセーラー服~フェラ&中出し~ 名井南 柿原徹也
石田満美 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 佐々木希 中村果生
イザベッラ?リッツァ 赤いアモーレ あいださくら~出産直後のハードコア 梶裕貴
Eric Culton 地中海の虎 生ハメギャル玩具昇天プレイ 南あかり 宮野真守
高橋さん 堀江由衣 岩永ひひお 戦国番長ガチザムライ
イ?ジュンホ ノーボーイズ,ノークライ 内田有紀 福山潤
飯塚和紀 曽根崎心中(1978) はめたい神乳秋川ルイ~ディルドー編 橋本環奈
川澄綾子 セクシーなメイド 生ハメアスリート君野ゆめ~大噴射!
反町隆史 岩田力 ルート225 堀江由衣
ちっちゃなデリヘル嬢のご奉仕フェラ セクシードレス 反町隆史
柴咲コウ 秋元才加 石塚透 千里眼 of the end of century
小悪魔真野ゆりあ~デカマラフェラ~ 手擦り 中島美雪
玉舐め 佐々木希 戸松遥
小野大輔 シャワー インゲラ?オールソン 歓びを歌にのせて
初剃毛式でグループフェラ 美咲ひな 石田泰子 フーリガン 大野智
ご奉仕フェラで口内射精~水樹りさ 池宗清史 youth 花沢香菜
中山の忍 黒の下着 芦田愛菜
グループ Edna Shipman 恐怖の瞬間 智一を関す
セクシーなスチュワーデス 極上スレンダーボディKEIと3P 羽生結弦
錦織圭 パイずり 生ハメギャルみなみ愛梨~見せ付けオナニー
高橋さん 高身長ギャルと中出しファック 紅音まい 森川智之
石垣哲 夜間もやってる保育園 バイブ&電マで悶え狂い はめたい沙藤ユリ 渡辺麻友