Your Name (required)

Phone #

Your Email (required)

Confirm Web Site:

 I certify that I'm authorized to order this marketing report on behalf of the above web site.

パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 能登麻美子

パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 能登麻美子

第1話 - 緑のエーサク(じんべい) - カクヨム

〔緑のエーサク〕

〔水の想い…風の歌…〕

「今度の中間テスト、俺が勝ったら付き合ってくれ!」

このフレーズが、清美の頭の中を駆け回っていた。

「風見君が、私の事を好き? うそっ?!だって風見君は、憂稀の事が…」

清美は風見と憂稀が、仲良く話をしてるのを、たびたび目撃していた。

しかも、最近は風見が憂稀に告白したというウワサも耳に入って来ていた…

清美と風見の出会いは、高校1年の時。

中学の時から、つねに成績はトップだった清美は、高校でも学年トップを目標にしていた。

スタイルも良く、顔も可愛い清美は、男子からの憧れの存在だったが、生徒会以外の時間は、全部勉強に費やし、恋どころではなかった。

当然のように、高校に入っても、部活にも入らず勉強一筋の毎日を送っていた。

そんな清美を叩きふせたのが、風見だった。

高校に入ってすぐの試験で、上位50位が張り出された。

それを見た、清美はガク然とした。

当然1位だと思っていた清美だったが、自分の上に名前があったのである。

その名前こそ「風見 翔」だった。

「誰よこれ?こんな名前聞いた事ない。」

清美は隣にいた、花咲 香に、

「ねえ、香。この風見翔って知ってる?」

「ん~、よくは知らないけど、たしか5組だったような…」

清美は同じ学区の成績優秀者の名前は、ほとんど知っていたが、風見 翔の名前は、初めてだった。

「一体どんな奴なの?顔を見てみたいわ。」

それからすぐに、清美の願いは、いとも簡単に叶った。

教室に帰った清美に、憂稀が駆け寄り、

「水川さんて凄いのね、学年2位なんて。」

「2位じゃ、意味ないわ、私は1位を目指してるんだから。」

「へ~、そうなんだ。」

2人が話してるところへ、友生もやって来た。

「水川さんて、ホント頭いいんだね。スタイルもいいし、羨ましい~」

「そ、そんな事ないわよ、普通だわ。」

少し照れたように答えると、友生の後ろから違うクラスの男子が近づいて来た。

「やぁ、君が「水川 清美さん」?はじめまして、風見 翔です。」

「え?あ、あなたが、学年トップの風見君?」

「いや~、まぐれ、まぐれ。次は水川さんに負けちゃうかも。」

翔は笑いながら答えた。

「でも、なんでこのクラスにいるの?風見君は5組でしょ?」

「あのね…」

友生が割って入るように話しはじめた。

「実は、ボクが入学式の時、転んで足を捻挫したとき、風見君が保健室まで運んでくれたの。憂稀はどっか行っちゃうし、風見君が助けてくれて、ホントに助かった。」

「いやいや、上地さんと風見君の馴れ初めは、いいからなんで、ここに風見君がいるのか?って聞いてるの。」

「いや~、それ以来、風見君に付きまとわれちゃって。」

「そ、それってストーカー?」

「おいおい、人を変態みたいに言うんじゃない。

なんていうのかな、こいつとは初めて会った気がしないというか、ほら、こいつ男みたいだろ。弟みたいでさ、ハハハ。」

「失礼な、ボクはれっきとした女の子だよ。」

友生が必死に反論するが、あまり説得力はなかった。

「とにかく、次は絶対負けないからね。覚悟しときなさい。」

清美は翔を指差し、宣戦布告をした。

緊張感の漂う中、マイペースの友生が、

「ところで、水川さん。水川さんは、部活は何にしたの?」

「は?部活?? 何言ってるの、部活なんかしてる暇ないわよ。」

いきなりの質問に、呆れて答える清美だった。

「そ~なんだ、大変だね~、ボクと憂稀は「映画作成部」に入ろうと思ってるんだ、緑姉に誘われてさ。」

「緑姉?」

「ボクの中学の先輩でさ、「木々野 緑」。この学校の生徒会副会長。」

「あ~、木々野先輩。」

清美はもちろん緑の事を知っていた。中学の頃からウワサは聞いていて、憧れていたからである。竹を割ったような性格で、男子にも女子にも人気があった。

「緑先輩の部活かぁ、興味はあるけど、今はこいつに勝たなくちゃ…」

清美が心の中で押し問答してると、

「友生、エーサクに入るのか?」

翔が友生に尋ねてきた。

「エーサク?」

友生は不思議そうな顔をしてる。

「映画作成部、略して「エーサク」みんなそう呼んでるぜ。友生が入るんなら、俺も入ろうかな。」

「え~、翔も入るの~。」

「なんだよ、いいじゃないか、俺とお前の仲じゃないか。」

「ちょっと、ちょっと、私を無視しないで。私の方が、友生と付き合い長いんだから、私の友生に馴れ馴れしくしないでよ。」

「私の友生?」

「私の友生?」

「私の友生?」

友生と清美と翔が、一斉に憂稀を見た。

ハッと自分の言った言葉に気付いた憂稀は慌てて、

「い、いや、友生とは幼なじみだから、それだけだから、他に意味なんてないのよ!ねぇ、友生。ほ、ほら友生もなんか言ってやりなさい。付きまとわれて迷惑だって。」

友生は少し困ったように、

「ボクは別にいいんだけど…翔って優しくていい人だし。」

「さすが俺が見込んだ奴た、よし、決まり。水川さんも「エーサク」入りなよ。」

「冗談でしょ、私はそんな暇ないわ。あなたたちだけで、遊んでるといいわ、後で痛い目みても知らないから。」

その日の放課後、友生達は早速「映画制作部」に行った。

「おじゃましま~す。見学に来ました…」

友生が、恐る恐るドアを開けると、

「おう、友生!お、憂稀も一緒か!」

いつもの調子で緑が、話しかけてきた。

「入部か?もちろん大歓迎だ。」

部屋の中には、緑ともう2人いた。

草村 育枝と氷河 透だった。

今の「エーサク」にはこの3人しかいなかった。ムリもない話である、実はこの「エーサク」緑が立ち上げたばかりの部活動だからだ。

映画が好きな緑は、「映画研究会」に入っていたが、自分達で映画を作ってみたくなり、目をつけていた草村を誘い、この「エーサク」を作ったのだ。

草村と風見は同じ中学だったが、友生と憂稀は初対面だった。

友生が、「はじめまして、草村さん。2組の…」

友生が全部言い終わらないうちに、草村は、

「1年2組、上地友生。身長155、4㎝、体重42、3kg、AAカップ。高校生になれば、絶対成長すると信じてる、ポジティブな性格。」

「え?え~?!ちょ、ちょっと!草村さん!みんなの前で何言ってんの!!」

友生は真っ赤になって、草村を止めようとしたが、草村は気にも止めずに話を続けた。

「同じく1年2組、神成憂稀、上地友生とは幼なじみ、最近は上地友生に、幼なじみ以外の特別な感情が芽生え始め、上地友生が貧乳を気にしてるのを知り、揉めば大きくなると言い、上地友生の胸を揉むのを楽しみにしている、身長157、2㎝、体重5…」

「わぁ~!わぁ~~~!!!!わぁぁぁ~~~~!!!!!」

憂稀はありったけの声を張り上げ、草村の言葉を掻き消した。

「ビックリした~…」

さすがにポーカーフェースの草村も、憂稀の大声には驚いた。

「ビックリしたのはこっちよ!なんであなたが、そんなこと知ってるのよ!」

「そんなことって…、さっき草村さんが言ったことは本当…?」

友生は上目遣いで憂稀の顔を見た。

憂稀は思わず目を逸らし、

「ち、違うわよ。ホントに友生の事を思って、揉んでるんだから。」

「じゃあ、今度から自分で揉むから憂稀は触っちゃダメ。」

「え~!?そんな~!」

憂稀は、ガックリと肩を落とし、恨めしそうに草村を見た。

草村は一つ咳ばらいをし、話しを続けた。

「コホン、次は風見 翔…は、まあいいか、同じ中学だったし…」

「え??風見君は無し?」

「だって、男の体重聞いても面白くないでしょ。」

「いやいやいや…そうじゃなくて…」

ツッコミを入れる憂稀だったが、

「ようこそ!映画作成部へ!!」

緑が強引に話をまとめてしまった。

なぜ、草村が風見の話をしなかったのか、実は風見が友生と憂稀の後ろから、唇に人差し指をあて、草村に「しゃべらないで」という合図を送っていたからである。

草村も風見の事情は把握しており、あえて口を閉じたのだった。

風見は草村に、ありがとうの意味を込めて、誰にも気付かれないように、ウインクをし、

「さて、楽しくなりそうだな。木々野先輩、よろしくお願いします。」

それにつられて、友生達も、

「よろしくお願いします。」

深々とお辞儀をした。

これが、後に「緑のエーサク」と呼ばれ、他校の生徒から一目置かれる存在になる、スタートだった。



パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou	虹の世界のサトコ 能登麻美子

松本潤 Hカップ新山かえで~フェラ三昧 上戸彩
森川智之 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
名井南 レズビアン 乃木坂46
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 亀梨和也
当店では、お掃除フェラはサービスです! イレーネ?グラフ 恋のレディ&レディ? 中森明菜
二宮和也 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
Emile Kacmann ワルソー?ゲットー はめ好きEカップ美爆乳 綾瀬ティアラ 篠田麻里子
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 鈴村健一
南條愛乃 石川幸男 ひだるか 沢城美雪
伊藤静 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
美巨乳ギャル美月~フェラ&中出し イオナ?カラベラ REDCON-1 レッドコン1 戦闘最大警戒レベル 藤井リナ
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 水樹奈々
Edward McQuade 見捨てられた女 生ハメフェラ三昧~佐々木マリア 友田彩也香
芦田愛菜 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
素朴な美しさ 好色妻降臨 生ハメ妻倖田りなPart3 おっぱいに発射
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 指原莉乃
田村由香里 顔射 張本智と
浜崎あゆみ パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
大量ぶっかけ 市川魔胡 野良猫ロック マシンアニマル 神谷浩史
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 木村ガーリー
前田敦子 小野大輔 生ハメ爆乳上原保奈美~ぶっかけ昇天!
神谷浩史 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
李恢成 伽揶子のために セクシー熟女南あかり 激烈中出し 小野リサ
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 松坂慶子
美乳早川ルイ~プライベートフェラ 金城武 平野綾
高橋秀弥 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
高倉健 福山潤 マッサージ
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 中森明菜
イサドア?バーンスタイン 豪勇サムソン アナル 安室奈美恵
川澄綾子 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
生ハメ好色細胞再現テスト~百合川さら 上坂すみれ 東山奈央
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 坂井の泉
指原莉乃 シックスナイン 69 玉木宏
浪川大輔 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
板野友美 アナルセックス 細谷佳正
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 大野智
大人のおもちゃ 入谷朋視 HESOMORI ヘソモリ 釘宮理恵
山田優 パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ
李香蘭 滝沢秀明 体射
パイパンセーラー服生はめ~櫻井ゆり E. Kunranikou 虹の世界のサトコ 川島奈々代
二宮和也 石黒安規 22年目の告白 私が殺人犯です 中で発射
精子 巨乳セクシー熟女3P連続中出し! 倉木麻衣
板野友美 我慢できずに野外フェラ~川村まや 福山雅治
栗山千明 戸松遥 美乳美少女皆月もか~ご奉仕フェラ
お仕置きぶっかけ&膣内発射~水沢あいり 手擦り 小倉唯
仲間由紀恵 看護婦 山口百恵
星野亜希 イヴ?シャンヴィヤール ベンダ?ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡 体をなめる
高倉健 キュートなビキニ娘に中出し 葉月みりあ 水樹奈々
お尻なめる 伊藤光博 TOGETHER 真野恵里菜
内田有紀 福山潤 石倉千子 横たわる彼女
山下智久 放課後の教室でグループファック 沙藤ユリ 石川佳純
斎藤鳥 グループ顔射でぶっかけ三昧!橘ひなた 玉木宏
雨宮の日 磯貝奈美 おとこのこ 宮野真守
セクシー熟女は官能エステティシャン 雨宮の日 柏木由紀
イ?ドゥイル MUSA 武士 美少女泡姫小泉梨菜~潜望鏡フェラ~ 浜崎あゆみ
花田美恵子 イブ?グリンデマン クレージー?パラダイス 宮沢理恵
一人遊び 市川團升 折鶴笠 村川梨衣
スレンダー美女百合川さら~豪快Wフェラ 精子 池田踊り
小清水亜美 今村怜央 モダン?ラブ 乱行
板橋貞夫 若いしぶき 変態美形ギャルに連続ぶっかけ! 黒木明糸